JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

離婚調停申立書を提出します財産分与、慰謝料、年金分割にチェックを入れてます•財産分与請求調停申立書など、

質問者の質問

離婚調停申立書を提出します 財産分与、慰謝料、年金分割にチェックを入れてます •財産分与請求調停申立書など、同時に提出しなけれがなりませんか?

不倫相手にも慰謝料の裁判を起こしたいのですが、どうすればよいでしょうか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
調停申立書は、離婚調停申立書を提出すれは、調停の中で離婚に関わる財産分与や慰謝料、親権、年金などについて話し合うことができ、調停調書に盛り込めばよいのです。
不倫相手に対しての慰謝料請求は不法行為に対してですから、金額によって簡易裁判所または地方裁判所に訴状を提出することになります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

主人は59歳で会社経営をしており、支払い金額に余裕は、有ります 又、財産分与の分で、私は生活には、困りません

取れても取れなくても600万円請求します

いつごろ どちらの裁判所が良いか教えて下さい

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

600万円というのは、不倫相手に対する慰謝料の件でしょうか。

目安は不倫の期間にもよりますが、100~500万円程度が妥当な金額です。

判決までいったとしてもこの範囲にほとんど収まります。

慰謝料のように相手方にお金を請求する事件では、原則として請求者の住所地が支払場所(義務履行地)になるので、申立人(原告)の住所地を管轄する裁判所へ訴えを起こすことができます。また相手方の管轄裁判所でも構わないことになっています。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
回答者のdai60962000です。
ご質問から5日が経過しています。6日を過ぎますと「期限切れ」となり、返信できなくなる上、ジャストアンサーにデポジットを没収されます。
是非「評価」していただくか、返信をして未だ残っている疑問点をお尋ねください。
よろしくお願いします。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問