JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 488
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

離婚について

質問者の質問

離婚について
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。離婚を検討されているとのことで、このことは奥様もお知りになっていることでしょうか。また奥様も離婚に合意されているのでしょうか。
離婚を決めたとしても、財産分与、養育費、慰謝料、親権者などを最低決めなければなりません。
方法としては、調停、離婚協議書作成、離婚協議公正証書作成がありますが、海外でお仕事をされているとなると、月一回程度行われる調停は難しいのかもしれません。
離婚協議書を作成するのであれば、お互い離婚の条件を記した協議書を作成するだけなので、条件さえ整えば短時間にできます。離婚を扱う行政書士に依頼すれば、離婚協議書にまとめてくれます。
公正証書ですが、行政書士などが文案をまとめ、公証役場と調整し予約をして役場に出向くので、2週間ほど期間がかかるとお察し下さい。しかし公正証書にするとより強制力のあるものになります。
養育費の目安ですが、家庭裁判所のホームページに試算表が載っています。見方がわからなければ、あなたと妻の年収、子供人数、それぞれの年齢をお知らせください。
また慰謝料ですが、あなたに非のある行為がないのであれば、支払う必要がありません。ただ離婚理由がないのに相手を納得させる条件として解決金を用意することはあります。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

妻も離婚には合意しています。

養育費について、私の年収は800~900万、妻は海外移住に合わせて昨年退職しております。子供は2歳の娘が1人です。

慰謝料についてですが、私の不貞行為が原因ですので支払いが必要だとは思っていますが、私にも言い分がありますし、向こうの言い値で決めることには納得がいきません。ただ、相場もわかりませんので、協議離婚ではなく調停離婚を行いたいと思っています。

ただ海外赴任中のため自身は裁判所に行くことができないので、弁護士を立てて進めることは可能なのでしょうか。

上記の件について、追加質問であると判断されるようでしたら回答は結構です。プラス評価はつけさせて頂きます。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
養育費の相場は、家庭裁判所の算定表から算出すると、8〜10万円です。
不貞による慰謝料ですが、不倫の期間にもよりますが、100〜高くて500万円の範囲です。300万円に以内が妥当額です。
調停をご希望であれば、弁護士出席を依頼することは可能です。ご自分の意思を伝えて出席してもらいましょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答いただきありがとうございます。

私の場合、いわゆる一般的な不倫ではなく出会い系サイトで知り合った女性と関係を持ったのですが、関係はその場で終わり、関係を継続していたわけではありません。

また妻からは海外移住に伴って退職したため、日本にいれば得ていたはずの収入も支払え(500万)と言われているのですが、妥当なのでしょうか。また教育費も次の仕事が見つかるまで月18万支払えとも言われています。結婚後、お金は妻が管理していたため実際どれほど私に支払い能力があるのかもわからない中、金額が妥当かもわからないため、協議離婚は難しいと思っている次第です。

質問ばかりで申し訳ございません。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
不倫とは相互の愛情によって行われる行為であって、一過性のものは含まれません。とは言うもののおくさまにとっては「性生活の独占」を破られたわけですから、相手女性はともかくあなたには非があります。少額になるでしょうが慰謝料請求には応じざる負えないでしょう。
払えと言われているのは婚姻分担費用なのでしょうか。これは今のあなたの収入水準で結構です。500万円にとらわれる必要はありません。
今は年収800万円ではないのですね。払う資力がなければ、養育費や婚姻分担費用を払う必要はありません。あくまであなたの現在の収入水準で目安が決まります。次の仕事が決まってから話し合いをするべきでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。

回答の中にある婚姻分担費用とは何でしょうか。(日本にいたら得ていた収入として)500万とは慰謝料とは別に要求されている額です。

現在も年収800万以上はあります。仕事がないのは妻の方です。

妻は私の海外赴任に伴い退職したため、次の仕事が見つかるまで18万支払えと要求してきています。

よろしくお願いします。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

退職したのは、奥様の事だったんですね。勘違いをしておりました。

婚姻分担費用とは、奥さんとお子さんの生活費です。離婚が成立するまで支払い義務が生じます。養育費は離婚が成立してからです。

婚姻分担費用の目安も家庭裁判所のホームページに出ており、年収800万、妻収入なし、2歳の子1人の場合、14~16万円が目安になります。これも調停の中で最初に話し合うことになります。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問