JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

本日、市役所から、監護事実の同意書及び児童手当給付金消滅届が届きました。 住民票を取得したら、既に生後7か月の子供と妻の住民票は異動してました。よって、後者しか提出できません。

解決済みの質問:

本日、市役所から、監護事実の同意書及び児童手当給付金消滅届が届きました。
住民票を取得したら、既に生後7か月の子供と妻の住民票は異動してました。よって、後者しか提出できません。
今後、協議離婚や調停になった際、同書類を提出したことが不利になるのでしょうか?
また、こんな妻でも、私が親権を取るのは乳幼児であることも踏まえ無理なのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、家庭裁判所の調停の場合は、母性優先の原則があり

今回のような乳幼児は、母親側に親権等が9割方行きやすいと言えます。

また、現状維持の原則もあり、奥様の方にお子様が監護されていると不利になります。

後の1割は、奥様がお子様に対して虐待(DVやネグレクト<育児放棄>)している場合か

ご相談者様側に単独で育児実績がある場合です。

単独と言っても、ご相談者様のご両親様やご親族様のご協力があっても構いません。

そう言う意味では、協議で離婚条件を検討された方が良いかもしれませんし

奥様側の様子を探偵事務所などを使って調べられても良いでしょう。

そこで、相手に不利になる虐待などの証拠が出れば利用することです。

また、ご相談者様にDV等が無ければ、面会交流は当然のごとく要求されて構いません。

最近の判例では、面会交流を正当な理由なく拒否する場合には、親権の変更をもって

実現させることもあるので、面会交流は要求し続けることです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問