JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

2011年に離婚が成立した両親。離婚時に公正証書を作成。 内容は、父の退職金が支払われた際はその半額を母が受け取る

解決済みの質問:

2011年に離婚が成立した両親。離婚時に公正証書を作成。
内容は、父の退職金が支払われた際はその半額を母が受け取るというもの。
父の退職は2015年3月。
しかし2015年2月、母が急逝。
この場合、公正証書は効力を失うのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun : 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。これは民法の条件付法律行為に当たります。つまり、父親が退職金をもらうことを条件として、母親にはその退職金の半分をもらえるという債権が発生することになります。この条件が未成就のまま母親が亡くなった場合、この条件付き権利は相続することができます(民法129条)。つまりこの場合、母親の相続人が父親の退職金の半分を請求することが可能です。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問