JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

こんにちは。 内縁なのか同居人なのか分からずにいます

解決済みの質問:

こんにちは。
内縁なのか同居人なのか分からずにいます
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
sakurabito :

質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが、ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

sakurabito :

どのような事情、問題を解決したいですか?

sakurabito :

内縁の夫婦は、法律上の夫婦とほぼ同様の権利義務を持ちます。したがって、同居・扶養の義務、婚姻費用の分担が認められ、内縁関係を解消した場合には、財産分与や慰謝料請求も認められます。子どもがいる場合は、認知をしてもらった上で養育費も請求することができます。
同棲は一時的な男女の共同生活に過ぎないため、内縁のような権利義務は発生しません。
内縁関係とは、婚姻の意思をもって共同生活し、社会的にも夫婦と認められているものの、婚姻届を提出していないため、法律上の正式な夫婦と認められない男女関係をいいます。
内縁の成立の有無は、同居期間の長さや挙式をしている等の事情から判断されます。
同棲とは、婚姻の意思を持つにいまだ至っていない、あるいは婚姻の意思を持たないで共同生活をしている男女関係をいいます。
同棲相手から一方的に同棲生活を解消されても、慰謝料を請求することはできません。ただし、2人が婚約までしていた場合には、慰謝料等を請求することができる場合もあります。

sakurabito :

一般論を先に紹介した形になりましたが、ご相談のケースでは、どのような問題が起きていますか?

Customer:

同居している男性は、元夫です。

Customer:

途中送信してしまいました。再度やり直そうということで同居を始めて6年になりますが、半年前からお付き合いしている女性がいるので出て行って欲しいとの事です。半年前から家庭内で無視されてきました。最初は私の親族に貸したお金が半分しか返ってこないから許せないので私も嫌になったといっていましたが、実際は彼女と結婚したいからだそうです。

sakurabito :

そうなんですか。

sakurabito :

あなたとしては、内縁の妻として彼に慰謝料を請求したい思いでしょうか?

sakurabito :

彼としては、修復に向けてお試しで一緒に暮らしていた感じだったということでしょうか?

Customer:

修復に向けてではなく、同居したときは修復していました。籍の件もはなしていましたが仕事をリタイヤして故郷に帰るときに入れようと。やはり精神的にダメージが大きく、仕事にも行けなくなっています。気持ちが変わった相手に何を言っても無駄なので慰謝料で解決が先に進める方法だと思うのですが大事にせず本人同士で解決する方法があるのでしょうか。

sakurabito :

それは、双方がどのような解決を望むかによります。

sakurabito :

同居期間中の財産の清算とか、新しい生活をこれから始めるにあたって、これくらいは補償してほしいとか希望ありますか?

Customer:

相談掲示板に投稿したところ皆口をそろえて、私はただの同居人だから素直に出て行くべきとのことでしたので私には何も請求する権利が無いのかと思いまして質問させていただきました。

sakurabito :

家計費はどのような負担になっていましたか?

sakurabito :

「仕事をリタイヤして故郷に帰るときに籍をいれよう。」と、双方が認識していたなら婚約関係にあったと考えられませんか?

Customer:

家計費は9割は元夫が負担していました。家を空けるのを極端に嫌がっていたので。私の希望としてはこのままここに(賃貸マンションで成人した息子も同居中)半年ほど住んで整理し、その後新たに出発したいので半年分の家賃と慰謝料として300万は頂きたいと思っています。

Customer:

認識はありましたが先日問いただしたら「最初は守ろうと思ったが、今は何の感情もない」と言われました。

sakurabito :

住民票はどうなっていましたか?お子さんも一緒に出ていくように言われているのですか?婚姻予約不履行ということで慰謝料請求しても通るように思います。

Customer:

住民票は同じ建物の中で部屋番号が違います。同居する際もう一人の子供の部屋を借りたのでそこに住所を移しました。そのまま何の支障もなかったので変えずにいました。子供は大人なので独り立ちするといっています。

sakurabito :

そうですか、住民票が男性と同一で「未届けの妻」とか明記されていると一番わかりやすかったのですが。

Customer:

やはり何の権利も発生しないのでしょうか

sakurabito :

裁判外での解決を望んでいるようですので、法的根拠にこだわらず、「家賃分○万円のほか、解決金として○万円くれたらそれで希望に応じます。」と提案してみては? 財産分与は特になさそうですか?

Customer:

財産分与とは共同で買った物とかになりますか?それなら特にないです。

sakurabito :

預貯金が増えたりしていませんか?

Customer:

預貯金は彼が管理していますが増えていますし親が亡くなりかなりの財産分与を受けています法的根拠に拘らず提案して頂いた方法が良いのかもしれませんね。法の力を借りると巻き込む人が多くなりそうですので。

sakurabito :

彼が親から相続した遺産は財産分与の対象外です。

sakurabito :

財産分与の対象は、二人が協力して形成した財産です。遺産とか個人に贈与されたものは分与の対象外です。

sakurabito :

生命保険の積立部分などは分与の対象と考えられます。

sakurabito :

「貴方の希望をかなえる代わりに、私の希望も叶えてください。」のスタンスで話し合ったらどうでしょう?

Customer:

その方法が一番良いと思えました。借してもらったお金を返してからのほうがよいでしょうか?

sakurabito :

貸してもらったのは親族なのですよね?

Customer:

そうです。

Customer:

それが負い目で強く言えないのです

Customer:

そのせいで嫌いになったと言われたので

sakurabito :

本来で言うと、それは親族と彼の問題ですから、別に考えるべきですし、それを破たん理由にするのは彼の勝手な理由です。

sakurabito :

親族に対して、きちんと対応・解決して欲しいと伝えては?

sakurabito :

親族が滞納しているお金はかなり大きな金額なのですか?

Customer:

100万借りて半分は返済しています。最初は返さなくて良いといわれていましたが少しずつ返していました。そして別れたい理由にされたので返してから話し合いをするべきなのかと。お金の件は別に考えて提案して頂いたスタンスで話し合いたいと思います。

sakurabito :

親族の借りたお金は残り50万円くらいということですよね。

Customer:

そうです

sakurabito :

別で話を進める方法もありますし、貴女が本来欲しいと思っている金額から50万円差引く代わりに、親戚のお金は残りを免除することを書面で残す方法でまとめて解決する方法もあります。

Customer:

その方法でいってみます。

sakurabito :

親戚の方はお金返すことが難しそうですか?

Customer:

まとめては無理なので私が用意しようかと思っています

sakurabito :

なるほど。とりあえず、親戚の借金の分は除いて、補償や財産分与を考えて、その後に50万を差し引くことで検討したらよいように思います

Customer:

話し合いをするにあたって、これだけは主張できるというキーワードが有りましたら教えてください。いざとなると弱気になってしまうので。

sakurabito :

婚姻予約の一方的な破棄、同居解消後の扶養的な慰謝料あるいは財産分与、同居期間中の財産の清算。でしょうか。

sakurabito :

内縁や同居に権利がなにも無いとするならば、彼にも何の権利もないのですから、立場は五分五分なのです。

Customer:

ありがとうございます。最後になりますが私には権利がありますかと聞きたかったのですが、聞く前に答えて頂きうれしく思います。立場は五分五分ですね。長い時間相談に乗って頂きありがとうございました。

sakurabito :

専業主婦でも財産分与は原則半分です。

sakurabito :

6年間で財産が増えているなら堂々と半分請求してもいいと思いますよ。

sakurabito :

良い方向に進みますように。

Customer:

ありがとうございました

sakurabitoをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問