JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 499
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

日本人妻とイギリス人夫の300日問題について。元夫はイギリス人で、離婚後連絡がとれません。離婚後すぐ

解決済みの質問:

日本人妻とイギリス人夫の300日問題について。 元夫はイギリス人で、離婚後連絡があまりとれません(現在は、どこにいるのかも分かりません)。 離婚後、別の男性との間に子供を妊娠してしまい、離婚後300日以内に出産予定ですが、このままですと、私の戸籍に子供が残り、父親欄に元夫の名前が記載されてしまいます。妊娠した相手は認知すると言っております。 このような状況ですと、どのような対応が最善でしょうか。 突然のメールで大変恐縮ですが、どうぞお力添えお願いいたします。

追記ですが、元夫とは、あまり連絡が取れないのですが、時々メールに返信があります。また、出産時期には、ビザの問題もあり、恐らく国外にいることが考えられます。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
元夫ではなく新夫の子として戸籍に入れたいのであれば、元夫が出産を知った後1年以内に元夫から家庭裁判所に嫡出否認の調停を申し立ててもらう必要があります。
普通なら養育費などの負担が伴うため、申し立てをしてもらえるものですが、あなたのような元夫が外国人ですとそのような見込みが立たないでしょう。
婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子について、「懐胎時期に関する証明書」が添付され、当該証明書の記載から推定される懐胎の時期の最も早い日が婚姻の解消又は取消しの日より後の日である場合に限り、婚姻の解消又は取消し後に懐胎したと認められ、民法第772条(300日に関する規定)の推定が及ばないものとして、母の嫡出でない子又は後婚の夫を父とする嫡出子出生届出が可能です。
「懐胎時期に関する証明書」とは、出生した子及びその母を特定する事項のほか、推定される懐胎の時期及びその時期を算出した根拠について診断を行った医師が記載した書面をいいます。一度出産を担当する医師に御相談ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

「懐胎時期に関する証明書」に関しては、私も調べてみたところ、離婚日が12月4日で、懐胎の時期の最も早い日は、離婚日の数日前になる可能性があります。

1)嫡出否認の調停の申し込みが行われない可能性がある。

2)「懐胎時期に関する証明書」では、不十分な可能性がある。

上記2つを満たす状況ですと、どのような対応がございますか。

追加の質問となってしまい恐縮ですが、ご教示頂ければ幸いです。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
妊娠期間が重なってしまうのですね。
親子関係不存在の調停を申し立ててみてはいかがでしょうか。普通は男性側が「自分の子ではない」
ことを確認するために起こすものです。
ただDNA鑑定するための証拠となり得るものが採取できるかは不確定要素です。
その他の手段としては夫が長期の海外出張や受刑、別居等で性的交渉がなかったなど、妻が夫の子どもを妊娠する可能性がないことを客観的に証明するものを示せば、夫の子であるとの推定を受けないことになることもあります。
次の男性の子であるという証明は改めて男性との間で調停を行い、DNA鑑定などの客観的証拠によって親子関係が成り立つと考えます。
これが私の導き出した答えです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

>次の男性の子であるという証明は改めて男性との間で調停を行い、DNA鑑定などの客観的証拠によって親子関係が成り立つと考えます。

調停は2度行う必要があるという意味でしょうか。

お忙しいところ恐縮ですが、ご教示頂けると幸甚です。

どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
元夫との親子関係不存在調停、そして次の男性との認知調停の二つが必要になってくると考えます。前述は審判まで行くでしょうか、後者は調停で合意できる事項でしょう。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問