JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚を考えています。私60才男性。3月で退職。妻50才無職。住宅ローンは退職金で完済の予定。妻が家に残るなら、家のは

解決済みの質問:

離婚を考えています。私60才男性。3月で退職。妻50才無職。住宅ローンは退職金で完済の予定。妻が家に残るなら、家のは妻に渡し、自分が出る。その時、退職金は外に出る分、自分が多めにもらいたい。何%くらいが妥当でしょうか。また、慰謝料とか払わないといけないのでしょうか。 逆に妻が家を出た時はどうなるでしょうか。

子どもは上が女(24才就活中)下が男(22才大学2年・後の年間分の学費は別途預金してある)。

離婚を考える理由は、妻からの異常なまでの(自分から見て)不満。私の言動がとにかく気に入らない。被害者意識も強く、軽蔑の眼で見られたり、不満や訳のわからない追求を言われる生活が耐えられない。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、離婚理由が性格の不一致レベルのようですので
その場合は、協議離婚で奥様の同意が無いと離婚が難しい状況です。
奥様の離婚の意向はどうなのでしょうか?
仮に、奥様も離婚に合意して性格の不一致が理由であれば、お互い様と言うことで
慰謝料は発生しない場合もございます。
裁判上の不貞行為やDVなどがないと一方的には離婚は難しいと言えます。
まず、そこから考えないといけません。
仮に、離婚が成立する場合、財産分与を考えないといけません。
これは、婚姻中に形成された財産は名義がどちらでも奥様が専業主婦でも
原則は、折半となります。
退職金も対象となります。
とは言え、奥様が働いていれば応じるかもしれませんが、仕事がないと年金受給までの
期間をどう過ごすかの問題はあります。
家があっても収入がなければ難しいかもしれません。
不動産の場合、厳密には、相手に譲渡する場合は、ローンの半分をご相談者様が
支払ったと考えて、退職金との兼ね合いを考えていくと良いでしょう。
お子様達は、成人してますので養育費等の問題はないと思います。
いずれにしろ、離婚条件を離婚協議書で公正証書に作成すれば
離婚後のトラブルは防止できるでしょう。
奥様が応じない場合は、協議が出来ないということで、家庭裁判所の離婚調停を
申し立てることになります。
その場合、別居実績があると、より有利に離婚を進められます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

①慰謝料の件 「お互い性格の不一致」での離婚なら慰謝料発生しない場合もある、とのことですね。私たちはこれまで離婚の話は何度もしてますが、妻は「これまで自分が家族を世話した分のお金を払え」といいます。主婦の賃金みたなもの。それが慰謝料のことですか?
②生活費の件 年金はもらえないので、退職金を公平に分けたいが、その時、たとえば私が家に残る場合(不動産は私のもの)と出る場合(不動産は妻のもの)とで、退職金の分配の比率が変わらないですか。前者の場合、私が40%、妻が60%とか。ややこしいのですが、家に残るうんぬんと名義が誰かは別の話ですか?その辺もよくわかりません。

③この相談報酬はもちろん支払ます。無料トワイアルというのは、この1週間無料で相談できるという事ですか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。
①慰謝料は、あくまで相手に有責性が有る場合です。
例えば、不貞行為やDVのようなものです。
何も無い場合は、財産分与と言う形で、これまで婚姻中に形成して財産を
半分に分けることです。不動産や退職金がそれに当たります。
慰謝料が無いと言う判断であれば、不動産を金額で評価して、退職金と合算して
折半して、不動産を持つ方が、退職金は多分少なくなるでしょう。
②①にも少し書きましたが、不動産は、所有する方が誰になるかで
譲渡することになるので、そのような偏りのある退職金の分け方でも構わないでしょう。
要は、総合的に金額的に見て平等になれば問題は無い訳です。
問題になるのであれば、家庭裁判所の調停で判断をしてもらうことになります。
その場合は、平等公平な扱いになります。
③こちらの料金システムには、専門家は関与しておりませんので
サイトの管理者にご確認下さい。無料と言うことであればそうだと思います。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問