JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2190
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

遺産相続について 母とその子供が4人います。不動産は母が一人で住んでいる家(400坪)と借家が5軒あります。父が1

解決済みの質問:

遺産相続について
母とその子供が4人います。不動産は母が一人で住んでいる家(400坪)と借家が5軒あります。父が16年前に亡くなり不動産の名義変更もせず現在に至っています。相続については昨年から母を交え兄弟4人が集まり話し合っていますが母の住んでいる家を一番下の子に継がせたい前提で話しをするものですから話しは進んでなかったのですが先日、父の法事で集まった折に一番下の子に母が住んでいる家を渡すことで公正証書を作ったことを言われました。私を含め二人で母を責めました。
(一人は以前から財産を放棄するのでと、どちら側にもつかずです)
1、公正証書が作られた以上、裁判で遺留分を請求する方法しか私らには残されていないのでしょうか?
2、遺留分の対象には生命保険、預貯金、不動産が含まれると思いますが母が公正証書に住んでいる家を一番下の子にと書いたと言っていますのでこの分を除いての遺留分の請求になるのですか?それとも対象となるものすべて含めての計算(請求)になるのでしょうか?
3、例えば全財産が5000万あったとした場合には一人当たり遺留分はどの位い請求できますか?兄弟が4人いるから4分の一請求できる、一人が財産放棄するなら3分の一請求できるとも聞きましたが本当でしょうか?計算方法も含めて教えて下さい。
4、一人が財産放棄すると他の者の遺留分の請求額もふえるのでしょうか?財産を放棄する者の書類の提出は必要でしようか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとうございます。

行政書士のdueprocessと申します。

よろしくお願い致します。

ご質問に回答致します。

>1、公正証書が作られた以上、裁判で遺留分を請求する方法しか私らには残されていないのでしょうか?

いえ、お母様はご存命ですから、いつでも遺言の撤回ができます。
新しく自筆証書遺言でも公正証書遺言でも書き直せば、
その前の遺言に抵触する内容は、撤回されたとみなされます。

>2、遺留分の対象には生命保険、預貯金、不動産が含まれると思いますが母が公正証書に住んでいる家を一番下の子にと書いたと言っていますのでこの分を除いての遺留分の請求になるのですか?それとも対象となるものすべて含めての計算(請求)になるのでしょうか?

生命保険は民法上相続財産とみなされません。(税法上は相続財産ですが…)

受取人の固有財産となりますので、遺留分や相続分の対象外です。

遺留分は全財産の2分の1について、遺留分を持っている兄弟で等分します。4人であれば
2分の1の4分の1で一人あたり、全財産の8分の1となります。
居住されている家の財産価値が全財産の8分の1を超えていなければ、遺留分は侵害されたと言えませんので、遺留分減殺請求はできません。その他の財産で手当てが可能だからです。

>3、例えば全財産が5000万あったとした場合には一人当たり遺留分はどの位い請求できますか?兄弟が4人いるから4分の一請求できる、一人が財産放棄するなら3分の一請求できるとも聞きましたが本当でしょうか?計算方法も含めて教えて下さい。

遺留分は遺留分権者固有の権利ですので、最初から持ち分が決まっています。
前述の8分の1ですね。誰かが相続放棄をしたり、遺留分放棄してもこれは変わりません。
仮に5000万円全額が相続人一人に相続されたとすると、
5000万円の8分の1である625万円が遺留分となります。

>4、一人が財産放棄すると他の者の遺留分の請求額もふえるのでしょうか?財産を放棄する者の書類の提出は必要でしようか?

3で回答致しました通り、遺留分は固定ですので、増減はありません。

相続放棄については相続発生後3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出します。
遺留分を放棄する場合は、相続前でも可能ですが、遺留分放棄の許可を家庭裁判所に求める形になりますので、家事審判の申し立てが必要です。

回答が不十分でしたら、評価せずそのまま返信にてご質問ください。

ご参考頂けましたら、評価頂ければ幸いです。

それではよろしくお願い致します。

dueprocessをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
評価頂きありがとうございます。
また機会がございましたら、ご質問頂ければ幸いです。
それでは失礼致します。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問