JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

役員2名の株式会社代表取締役です。専務取締役は他社の社員であり、弊社と兼業。口頭で他社を辞めるとの約束でしたが、2年

解決済みの質問:

役員2名の株式会社代表取締役です。専務取締役は他社の社員であり、弊社と兼業。口頭で他社を辞めるとの約束でしたが、2年経つても辞めておりません。契約書を交わすなど何か良い方法はありますでしょうか。又契約書を作成するにあたり、参考に出来るものがあればご教示頂けると幸いです。お願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
質問者様と専務が「二人の代表取締役」ということでしょうか。きっと専務は会社運営に大切なかたなんでしょうね。
専務は他社では「社員」なんですよね。「辞められない」と「辞めさせない」では意味合いが異なってきます。
専務は他社を辞める意志があるようですね。相手先の就業規則にもよりますが、「退職日の期日の何日前までに退職願を提出すること」などと記載されているはずです。
憲法では職業選択の自由が保証されており、「辞めさせない」というのは、労働基準法でも違反になります。
退職願いを会社が受け取らないのでしたら、配達証明付き内容証明郵便にて送付してしまえばよいです。
これで会社所定の期日後は退職扱いとなります。
専務と契約を交わすといっても相手会社があることから、そぐわないでしょう。
専務の心の中がまだ揺らいでいるところがあるように見受けられます。辞める意志がはっきりしているなら辞められるわけですから、そこのところをしっかり確認しましょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答有難うございます。専務は他社の社員です。会社を立ち上げる時、私も他社を辞め、専務も辞めて頑張ろうとの約束でした。しかし、何だかんだ理由をつけて辞めておりません。他社に退職願いを提出してることも疑問です。両社からの収入がある。弊社は創立2年なので収入の安定面で辞めない理由が考えられます。しかし私も他社を辞めて全力で頑張っているわけで、専務が他社で仕事の場合は全て私が補っております。お互い他社を辞める約束で、代表取締役も専務も報酬は同じです。契約書が難しいならば、何か良い方法はありませんでしょうか。会社も順調で、このまま不信感を抱いて不安です。宜しくお願い致します。
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
相手(専務)自身がが他会社を辞める気がないのに、無理やり辞めさせることはできません。
おたがい話し合うしかないでしょう。
出資割合がどうなっているかは分かりませんが、それに見合った報酬、又は会社への貢献度に見合った報酬割合にして、あなたが多く貰う分で、従業員をお雇いになってはいかがでしょうか。
不信感が高まるようでしたら、パートナーを変える決断も必要でしょう。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問