JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4812
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚して子に会わせてくれないので養育費を支払っておりませんでした。いきなり養育費の未払いの給与差し押さえの通知が裁判

解決済みの質問:

離婚して子に会わせてくれないので養育費を支払っておりませんでした。いきなり養育費の未払いの給与差し押さえの通知が裁判所から職場と自宅に届いたのですが、必ず履行命令というものが自宅に来てから、その後差し押さえするのでしょうか?いきなり差し押さえになって困っています。未払い分を支払えば抗告出来ると聞いたのですが、本当でしょうか?
抗告をしている間は、差し押さえは保留(ストップ)?になりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、離婚の種類は、調停離婚と言うことでしょうか?
調停離婚の場合は、調停調書に養育費の支払いのことや面会交流のことが
書かれていると思いますが、どうでしょうか?
調停離婚の場合、養育費の未払いが有った場合は、最初に履行勧告、それに応じなければ
履行命令と進めることは出来ると思いますが
実際には、いきなり強制執行でも構わないことになっています。
本来であれば、最初に内容証明等で未払い養育費の支払いを請求してくるのが普通ですが
元奥様は、早目に強制執行でかたをつけようと言う魂胆でしょう。
強制執行に対しては、執行抗告等ができるのは、手続き上の瑕疵がある時で
今回は、調停調書があれば、債務名義に問題があるとは言えず
取消が難しいところです。
ご相談者様が、言われる面会交流をさせないから養育費を支払わないと言うのは
取消としての理由がなく、本来別の事案と考えられます。
面会交流をさせないのであれば、その請求を別にして慰謝料請求もされることです。
実際に、判例でも、正当な理由がない面会交流の拒否に対して500万円の慰謝料が
認められた場合がございます。
それと、養育費の強制執行が、未払い分だけであれば、未払い分を支払えば
強制執行は止められますが、養育費に関しては将来に支払われる分も請求でき
その場合は、将来の分を支払わないと強制執行は止められないことになります。
次に、会社が第三債務者として給与から元奥様に支払いますが
これは民事なので、養育費の強制執行で、会社を辞めさせることはありませんし
むしろそう言う理由で辞めさせれば、労働問題となります。
とは言え、仮に会社を退職しても強制執行は一時的には止められます。
とりあえず、強制執行に応じて、面会交流の拒否に対する慰謝料について調停等で
争っても良いかもしれません。
弁護士の先生にリアルにご相談に行かれた方が良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

的確なご回答たいへんありがとうございます。、こちらの立場を踏まてのご回答で、弁護士に相談にいくよりも良いと思いました。

調停離婚です。取り下げが難しい場合だと思いますが、今月の25

給与日に差し押さえをしてほしくなく、抗告を行えば強制執行がストップして、来月の給与日までの25日までに相手と交渉等したいと思うのですが、調停離婚ですので取り下げが難しいと思うのですが、時間かせぎのために取り下げが難しいのを承知のうえで、抗告する事は出来ますか?

また、今回、現在までの未払いの金額と、子の20歳までの養育費を合わせて全て一括で支払えば、執行の取り下げは出来ますか?

一括で支払っても、相手のいやがらせで、取り下げに応じない事はありえますか?

宜しくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
まず、抗告の申し立てをしたことだけで強制執行がストップすると言うことではなく
家庭裁判所に抗告が認めれた場合に、再審議のために中断すると考えた方が良いでしょう。
そう言う意味では早急に対応して認めてもらうことです。
弁護士の先生に手続きをしてもらうと良いでしょう。
ただ、かなり難しいと言う覚悟は必要です。
また、未払い分と将来の分を全部支払えば、当然、強制執行をする意味がないので
ストップします。
強制執行する債権がもう存在しないのに執行は出来ないと言うことです。
嫌がらせ等は意味がないでしょう。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問