JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

昨年の暮れから今年の初めにかけ、独身の女性と不倫をしてしまいました。 ところが先日の26日に私自身のLINEより、妻

解決済みの質問:

昨年の暮れから今年の初めにかけ、独身の女性と不倫をしてしまいました。 ところが先日の26日に私自身のLINEより、妻に盗み見され不倫がばれてしまいました。言いそびれましたが、女性との関係は今年1月に終わってます。 それで今回妻が、私自身の両親と、相手の女性に対し慰謝料請求を考え31日に弁護士とのアポをとってます。 しかし、私自身の見解ですが私たち夫妻は、H15年に結婚しましたが、夫婦関係は7、8年前より既に破綻してる状態で、同居はしてるもののほとんど必要以外の会話はなく、食事も別々で当然夫婦関係もありません。 このようなことより今回の慰謝料請求は成立しないのではと私自身考えますが、いかがなものでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
ご存じかもしれませんが、不貞(不倫)行為を理由とする慰謝料は、夫婦関係が破綻している以後の不倫については、請求する事ができません(判例)
裁判例の論理はこうです。
(1) 慰謝料請求が認められる理由は、「甲の婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益」の保護にある。
(2) 従って、不貞行為(不倫)が開始される前に、この権利又は利益がなくなっていれば、そもそも、守られる利益がない以上、侵害行為もありえない。また、そもそも、不倫と婚姻共同生活の平和の破壊との間に因果関係もないといえます。
そこで、本件では、ご質問のように、破綻しているかどうかが問題となります。
夫婦関係が破綻しているかどうかですが、
家庭裁判所の実務でぇぁ、「婚姻関係が深刻に破綻し、婚姻の本質に応じた共同生活の回復の見込みがない、といえる場合」に婚姻が破綻しているとします。
裁判例では「婚姻関係が修復することが不可能な状態」などと表現されることが多いです。
単に夫婦関係が冷えているだけではダメで、冷えているだけでは破綻したとまではいえません。
冷えているだけではなく、およそ回復の見込みがなかったとまでいえなければ、破綻になりません。
より具体的に考えると次の様にいえます。
民法は,夫婦相互の義務として,同居,協力,扶助の義務を定めています。また,解釈上,相互に貞操を守る義務がある考えられています。
このように、民法は,夫婦の間には,同居,協力,扶助,性的関係があることを前提としています。そこから,逆に,考えて,これらの義務の遂行が認められないような状態であれば,実質的に夫婦とはいえないといえます。
つまり,このような義務を果たせるような状態でない場合は,婚姻関係が破綻しているといえるでしょう。
典型は別居です。別居していたら,協力,扶助,性的関係をもつことは困難だからです。
他方、同居(家庭内別居)の場合は、裁判所は、かなり厳しいです。
いちばん大きいのは、同居の場合多くは、相互扶助義務を果たしていることです。
つまり、夫の給料で、妻、子どもを養っているのは、まさに夫婦だからだと言われてしまうのです。
確かに夫婦関係が冷え込んでいて、性交渉がなかったとしても、扶助をしていると、あくまで冷えているが破綻ではない、と言われてしまう可能性が大です。
本件では、会話もない、食事も別々、夫婦関係もない、ということですので、相当破綻に近いと思います。ただ、扶助関係がわからないので、断言はできませんが、裁判所が破綻していないと判断されるリスクは十分あると考えます。
私もいくつも家庭内別居事案を扱っていますが、同居事案で破綻の認定について裁判所は厳しいです。
具体的事情によっては、争っていいと考えますが、裁判になれば、破綻していない、と判断されるリスクが十分ある、ということも頭に置いてご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問