JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

以前も質問しましたが、新居購入のための諸費用600万近くを 私の貯金より支払いました。 今現在は子供の養育上、離

解決済みの質問:

以前も質問しましたが、新居購入のための諸費用600万近くを
私の貯金より支払いました。
今現在は子供の養育上、離婚はしない考えでおります。
(のちに自らの収入が確立した場合に離婚を申し出る可能性はあります。)
今なら自らの不貞を認めているので、
離婚前に不貞、セックスレス慰謝料とともにこの新居購入費の全額返済を
要求することは可能ですか?
主人の反省がある期間内に協議し、公正証書を作成しておきたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。
夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
その600万円が、もともと、ご相談者様の婚姻前の財産であれば、
固有の財産として請求は可能です。
ただ、600万円もの高額を一括では無理かもしれませんから
分割であれば、公正証書を作成すれば未払いの時に強制執行が可能です。
例えば、離婚協議書では無く、借金の返済として
「金銭消費貸借契約書」であれば、離婚とは関係なく支払いが要求できます。
離婚協議書とは別に作成されても良いです。
もしくは、他の慰謝料等も合わせての契約書でも構いません。
早目にご主人様と契約内容で合意されることです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問