JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

主人の不貞が発覚して1週間になります。 主人は実家へ。私と子供は子供の幼稚園もあり現在の家にとどまっております。

解決済みの質問:

主人の不貞が発覚して1週間になります。
主人は実家へ。私と子供は子供の幼稚園もあり現在の家にとどまっております。
今の別居は私にとって冷却期間であり、今後を考える時間と考えております。
離婚をしないで不貞、セックスレスに関する慰謝料請求をしようと考えています。
そのためにもこの別居が同居義務違反にあたらないよう、主人の同意書を作成したいのですが、
その作成にあたり記載すべき項目、記載してはいけない内容などがありましたら教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。
夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
お話から、既にご主人様が不貞行為と言う有責性がありますから
同居義務違反とは成らないと思いますし
確かに別居が離婚の最大の要件になることもございますが
不貞行為等の場合、その有責配偶者(ここではご主人様)からは、離婚の要請が原則できないことになっています。
ただし、例外もありますが、以下の3点の難しい要件をクリアしないといけません。
1、別居期間が長期間に渡る。現状の判例では6年以上があります。
2、未成熟子(未成年の子)がいない。
3、配偶者に対して十分な補償をする。
です。
そのため、別居自体を気にする必要は今のところありませんが
別居の時点の要件は、公正証書で作成しておいた方が安全です。
公正証書の場合は、婚姻費用の未払い等があれば、強制執行が可能です。
公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼すれば
スムーズに作成が出来ます。
行政書士の先生の報酬額が比較的お安いです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問