JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

世帯主がなくなりました。私は重度の身体障碍者で障害年金をもらっています。 主人は生命保険をかけていましたが、死亡が

解決済みの質問:

世帯主がなくなりました。私は重度の身体障碍者で障害年金をもらっています。
主人は生命保険をかけていましたが、死亡が自殺ということでです。昨年12月に保険の見直しをしており、壱年未満ということで生命保険がでませんでした。20年以上同じ生命保険かいしゃでかけていますが、契約通りということでした。主人の預金は200万円ほどありますが、銀行の方で弐分の壱は母親に財産を受け取る権利があるといわれました。自己所有マンションですが、名義が主人と二分の一づつになっています。そうなれば、マンションの財産も母親にいくことになりますが、預金もあまりなく、私はこのマンションに住めなくまります。
もう一つおききしたいのですが、障害年金をもらっている私は、主人の遺族年金はもらえないのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
まずは、ご主人様が亡くなられたと言うことでご愁傷様です。
お話から、遺言が無かったようですので、原則は、法定相続となり
お子様がいらっしゃらないのであれば、相続人は配偶者であるご相談者様と
ご主人様の親御様になります。
その場合の法定割合は、配偶者が3分の2、親御様が3分の1で、半分半分ではありません。
保険の方は、相続財産ではありませんが、受取人をどうしているかです。
受取人がご相談者様に指定してあれば、ご相談者様だけが受け取ります。
それが、本人や相続人としてあると、お母様も受取人になります。
マンションの名義に関しては、ご相談者様と亡くなられたご主人様の名義が2分の1ずつであれば
そのご主人様の2分の1を、お母様と法定割合で分けることになります。
つまり、ご相談者様が全体の6分の2、お母様が6分の1です。
お母様は、全体の6分の1の権利しかないのですから追い出すなんて出来ません。
また、もともと、居住権がありますから、そう簡単には追い出せないのが現状です。
それと、遺言が無い場合は、相続人全員の合意があれば、自由に分配も出来ますから
お母様が、放棄して、すべてをご相談者様が相続することも可能です。
その場合は、遺産分割協議書を作成することになります。
遺産分割協議書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。
最後に、年金に関しては、同じ種類の年金は同時にもらえますが
遺族年金と障害年金は別のものですので、原則は、いずれか有利な方を選ぶことになります。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。マンションの財産相続は、全体のマンションでしょうか。②二分の一は私の名義ですがそれは関係ないのでしょうか。マンションのローンで、今までに私の伯母がなくなった時の遺産分けの400万と、私が重度の障害になった時の、私の生命保険1300万円を返済に使っていますが、それは関係ないのでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
マンションに関しては、最初の2分の1の持ち分は、最初からご相談者様のものですから
そこが相続にかかる訳ではありません。
あくまでご主人様名義の2分の1の部分だけが、相続の対象となります。
また、頭金等は差し引いて考えてもらって構いません。
厳密にやると計算は面倒なことになると思いますが
相続人全員の合意があれば、別に不動産を分ける必要もないので
お母様と協議で遺産分割が決められますし、遺産分割協議書があれば銀行等もそれに従います。
銀行の方は、法律のプロではないので間違ったことを言ったのでしょう。
まずは、遺産分割協議書の作成を前述の専門家にお願いしてみて下さい。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問