JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

子供の親権を取り戻したい。離婚後、調停(二回申請)にて私は親権を放棄すると言ってしましましたが、(1回目は離婚に関し

質問者の質問

子供の親権を取り戻したい。離婚後、調停(二回申請)にて私は親権を放棄すると言ってしましましたが、(1回目は離婚に関しての財産分与や親権について。2回目は、子供の様子不振のため、実際に子供にどうしたいか?(父と暮らしたいか?)を調停員に確認をしてもらった)
離婚後(数年)私の母親から、子供の様子が変だ!(小学校の成績不振 元妻の彼氏に次男が泣かされていたり、無理やり懐かせようとしている様子であったり など)
また、隣の住人が、先日の夜子供が泣き止まないので、うるさいから静かにしてほしいとのことを玄関を開けていったところ、泣いてる次男の口をふさいで静かにさせようとしてたとの
情報を聞きました。しかし、根本的に証拠がありません。
そこで、市 県などの相談機関に相談をしましたが他人事で真剣に受け止めてくれません。
そのような中で、親権の奪還はできますか?また、できるとしたらどのような情報収集をすればよいでしょうか?
※元嫁とは着信拒否され連絡が取れません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、離婚時にお子様の親権を元奥様に渡したら、現時点で虐待の可能性があると言うことですね。
証拠と言うのは、何でも厳密には、自白以外は状況証拠となりますので
状況証拠を集めて、相手の自白を引き出すことがポイントになります。
そう言う意味では、お母様のお話や隣近所の証言と言うのは大事になります。
親権変更の場合は、いずれにしろ家庭裁判所の許可が必要になりますので
親権変更の調停を申立てることになります。
ただ、虐待と言うことで、児童相談所にご相談するのは少し待った方が良いかもしれません。
児童相談所に連れていかれると、施設に預けられたりで戻って来ないことも多いのです。
また、元奥様が親権者にふさわしくないとされても、自動的に、元ご主人様(ここではご相談者様)に
親権が移動することは無く、やはり家庭裁判所が判断することです。
もう一つ、現時点で、面会交流が行われているかどうかです。
面会交流は、相手が再婚して新しい父親に慣らせたいから拒否できると言うものでもありません。
それは正当な理由が無い拒否になるので、慰謝料請求の可能性があります。
できれば面会交流時に、お子様に様子を確認してみることもポイントです。
それと、小学校の先生に父親として面会を申し込んで、お子様に変わった様子がないか
確認しておくことも大切です。
もし経済的な余裕があれば、探偵事務所などに先方の家庭の調査をしてもらうのも
効果的ではあります。
ある程度、状況が分かったら、家庭裁判所に親権変更の調停を申立ててみることです。
お子様の意思も小学校高学年レベルから考慮されます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になっております。早々のご回答ありがとうございます。

私自身、面会権など持っておりません。また、小学校は元妻が根回しをしているみたいです。それと、学校の送迎は妻が車で送っているみたいです。これは、私の母が息子たちに会うことを警戒しているみたいです。

児童相談所は、母が過去に行きましたが子供たちの様子に変化が無いので、そういう機関はあまり頼れません。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうござます。
基本的に離婚しても父親に変わりありませんから、面会交流権はございます。
これまで、面会をさせてもらえてないのであれば、要求すべきです。
正当な理由のない拒否は、判例では500万円の慰謝料もあります。
まずは、内容証明等で、面会交流を要求することです。
そのことで、いろいろなことが見えてくるはずです。
応じなければ、家庭裁判所の面会交流の調停も出来ます。
家庭裁判所の指導では、月1回以上は会せるようにと言われます。
小学校に関しては、保護命令等で接近禁止命令等が出てなければ
会うことに関しては問題はないと思います。
面会交流の要求は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼して
内容証明を作成していただけば、相手側に本気度も伝わりなめられずに済むでしょう。
応じなければ、調停を申立てると主張します。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問