JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

長野県上田市に住みます49歳男性です。実は昨年12月4日に調停離婚が成立しました。 8年連れ添った夫婦でしたが、昨

解決済みの質問:

長野県上田市に住みます49歳男性です。実は昨年12月4日に調停離婚が成立しました。
8年連れ添った夫婦でしたが、昨年の3月に大きな夫婦喧嘩が有り(子供達には初めて見せる喧嘩でした)その場で私が手を挙げてしまい。その日から3人の子供を連れシェルターや母子寮での生活になってしまい。何とか家族を取り戻すべく市役所や警察、弁護士事務所を訪ね調停が開始されました。
その間 元の妻も弁護士に依頼し 裁判所へ保護命令を依頼しましたが、結果保護命令は却下されましたが 依然母子寮へ身を置き離婚調停が進行してゆきました。私は子供らへの接見を少しずつ許可されまた家族と寄りを戻せればと 必死に謝罪と復縁を嘆願し続けましたが、調停員や裁判官に説得され
やむなく離婚に承諾させられました。調停中元の妻は これからの人生設計を裁判所側に3人のまだ小さな子供と共にパートタイムで必死に働き 実家近く(長野市)のアパートに転居し 養育費や給料で育てて行く計画などを説明し 調停委員や裁判官を納得させていましたが、私や元妻をよく知る
人物も育てる力を持っていないことをよく知っていましたので 調停の最中も何度となく説明したのですが、残念な結果でした。
離婚成立後 元妻の生活設計は180度違った結果になっています。
現在は 埼玉県の熊谷市に転居し。親戚の男性と説明している同世代の男性と同居を3月頃から
母子寮を出て子供らと暮らすようになり 既に今月の10日予定の4人目の子供を出産するようです。
婚姻はしてはいない様ですが、子供らとの接見をしている状況ですが 子供からもその男性のことが
嫌いであると聞く私は 今 一つの行動を起こすべきかどうかを思案しています。
1、調停中の不貞行為の立証
2、不貞が事実である場合の慰謝料を双方への請求
3、親権の取戻し
4、私と子供らのとの生活を取り戻す
5、離婚の際経営する会社の株の分配をしたので 返還請求
叶うかどうか解りませんが、とにかく子供らのこれからの将来がとても不安です。
DV離婚の実態やその裏で傷つく子供たちの声を 多くの方にも知らせたい気持ちでいます。
月に一回の子供らに会える日をカレンダーにマルを付け 指折り数えて待つ父親の気持ち お察しください。お力貸して下さる方おられましたら どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、昨年の12月の離婚なので、まだ、慰謝料請求の時効が離婚後3年なので
間に合います。
ご質問に分かる範囲で順番にご回答致します。
1、調停中は、夫婦関係が破綻して別居しているのであれば、仮に調停中にそのような関係に
なったとしても、不貞行為の慰謝料請求は出来ません。
別居以前の不貞行為の証拠が必要となります。
2、仮に、婚姻中の不貞行為が証明できれば、元奥様と相手の愛人の男性に請求は可能です。
3、不貞行為で親権の変更が決まるのではないので、あくまでお子様の福祉として考えます。
その新しい男性との間で虐待があれば、可能性はございます。
4、親権変更の調停を家庭裁判所に申立てることです。
5、株の分配が、離婚に伴う財産分与であれば、難しいと思いますが
不貞行為が証明されれば、慰謝料請求はできるでしょう。
ただ、ご相談者様のDVに対する慰謝料がどうだったかもあります。
結論として、婚姻中の不貞行為の証拠を見つけることと親権変更の調停を
申立てることです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問