JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

別居をしてまもなく2年ほどになりますが家裁で婚姻費用4万円と娘の入学にかかる制服代の一部を5千円 が決定し、今年の

解決済みの質問:

別居をしてまもなく2年ほどになりますが家裁で婚姻費用4万円と娘の入学にかかる制服代の一部を5千円
が決定し、今年の6月より支払いが滞り、職場に債権差し押さえ命令合計36万を払えとの(給料の差し押さえ)が来ました。
外資の金融機関なので、解雇される可能さえあります・・
全額払えば済むことなのですが私にも生活がありますので、二分の一を持っていかれるのは生活自体が危ぶまれます。
もともとそんなに給料が多くないところに今回の差し押さえですが、取り下げてもらう方法はないものでしょうか?
ご教授頂けましたら幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
shihoushoshikun : 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。債権差押を取り下げてもらうには、債権者(配偶者)との話し合いで取り下げてもらう必要があります。つまり、現在は36万円を支払うのは無理だけど、これだけ(10万円でも20万円でも)は払えるので、この金額で取り下げてもらえないか、とお願いするしかありません。債権差押の取り下げは相手の協力が「絶対に必要」になりますので、誠意を見せてお願いするしかないのです。また、婚姻費用を取決めた時と今現在の質問者様の収入を比べて、今現在の収入が低くなっているならば「今後の婚姻費用の減額」も要求することができます。相手が婚姻費用の減額を承諾してくれないのであれば、家庭裁判所に婚姻費用減額の申し立てをすることができますので、状況に当てはまるようでしたら手続きをしてみると良いでしょう。
Customer:

早速のご連絡大変感謝致します_| ̄|○

Customer:

やってみます。

shihoushoshikun : お役に立てて幸いです。頑張ってください。回答が参考になりましたら、評価をしていただきますようお願いします。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問