JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 481
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

57歳女性です。長女が昨年11月に結婚し今年の4月に出産しました。出産後1ケ月位、実家に戻って来て世話をする予定でし

質問者の質問

57歳女性です。長女が昨年11月に結婚し今年の4月に出産しました。出産後1ケ月位、実家に戻って来て世話をする予定でした。しかし、戻ったその日に口喧嘩になり、夫になる人の実家に行ってしまいました。こちらも悪かったと思いメールをしましたが、それから着信拒否となり連絡が取れなくなりました。どうすることもできずそのままにしていましたが、8月に本人の車の保険の書き換えなどがあり、こちらの方に連絡があったので夫の母親に連絡した所、連絡がありました。その時は「もう話はしたくないし、構わないで」とメールで言われました。その後も着信拒否は続いています。初孫にも会えずこんな状態になってしまい、こちらも腹立たしい思いで「それなら結婚前に娘のためにした貯金と満期になった保険、結婚式のために出した費用を返してほしい」と要求しました。しかしその後も全く返答はなく無視された状態です。こちらも悪い所がありましたが、それでもそれが母親に対する仕打ちかと思うと悲しくて、悔しくて、寂しくてなりません。お金がほしい訳ではありませんが、今の状態ではどうすることもできずただただ毎日が空しく過ぎていくだけです。娘の夫になった人とは、娘と喧嘩をした時に電話で話しましたが、こちらが悪いと思っているのか連絡はありませんし、こちらもしようとは思いません。両親もいますが一度実家にいるからと母親から一度連絡があったきりです。こちらからは連絡しようとも思いません。私は長女が4歳の時に離婚し3歳下の長男と3人で生活してきました。別れた夫と子供とは連絡を取りあっており、今でも長女とはよく行き来しています。長男に相談しましたが「放っておけば」とのこと。このまま黙って待っていればよいのか・・このまま放置しておけばいいのか・・誰に相談することもできず悩むだけの毎日です。もし裁判を起こすとなるとこのような状態で、娘から慰謝料なりのものが取れるでしょうか。できればこの関係を修復できれば一番良いのですか、どうすればよいかわかりません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
娘さんと口喧嘩がきっかけで、非常に気まずい関係になってしまわれたのですね。
ご心中お察し申し上げます。
「結婚前に娘のためにした貯金」、あなた名義で貯金してきたものを贈与されたことになりますので、「贈与」が完了している以上、娘さんとしては返還に応じないことができます。
娘さん名義で貯金していたものは、成人した時点で本人による使途が自由の預金になりますので、これも返金は難しいです。
「結婚式のための費用」これは当然あなたを含め出席されて行う予定だったのでしょう。結婚式を取りやめるのであれば、結婚式を使途目的とした贈与契約といえるので、行わない以上、返還を請求できます。
話は法律論を離れますが、口論は「売り言葉に買い言葉」だったのではないですか。文面から推察するに、腹立ちさから「金銭を返せ」と短絡的な会話が想像されます。
娘さんとしても、元父親にそのことをこぼしているように、「そこまで言わなくても」と思っているのではないでしょうか。少しヒートしてしまったのではないですか。
出産直後の養育は、旦那さんの実家になってしまったようですが、いずれ自宅に子供を連れて戻ってくるでしょう。
相手の両親の元に出向くのは気が引けるでしょうし、ご両親の目もあります。
自宅に戻ってきた頃を見計らって「この前は言い過ぎた、悪かったね。謝るよ。孫の顔を見たいんだけど謝りついでにそっちへ行っていい?」とあなた側からちょっと下がってみてはいかがでしょうか。実の娘さんなんですから、そういう態度で出れば拒否することはないでしょう。
お互いが意地を張りあっている場合は、どちらかが折れないとなかなか解決に向かいません。
殆んど人生相談に終始しましたが、法律論を親子間に持ち込むのはお勧めできません。
先ほど書いたような頃合いを見計らって連絡を取ってみてはいかがでしょうか。手紙なども結構インパクトを与えるものです。
dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 481
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。私もお金を要求することは良い手段ではないと思います。しかし、現在娘とは全く連絡が取れない状態になっています。喧嘩をしてでも何らかの形で親子関係が継続できるならば私もこのような方法を取らなかったのですが。着信拒否がある前にこちらかも謝ったりはしたのですが全く無視された状態です。娘夫婦は現在夫の実家には住んでおらず、アパートに住んでいると聞きました。住所はわかりません。夫になる人の母親に聞けばわかると思いますが連絡するのも気が引けますし何より嫌です。私の息子がお盆に帰省した時に初めて事情を話し、「そんなふうになっているとは知らなかった」と言い娘に連絡をしてくれたのですが解決にはなりませんでした。それとこのような状況になったのには娘の夫ともぎくしゃくしてしまっているのも大きな原因であると思います。くどくど書いてしまいましたが私にはこの先、もう娘から連絡があるとは思えないのです。今回はこのような形で回答を頂きましたが、今まで息子以外に相談する人もなく、ずっと心に闇を持ったようにこの事態を抱えてきました。またしばらく自分で考えてみたいと思います。ありがとうございました。


 

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
私の回答があまりお役に立たなかったようで、申し訳ありません。
あまり焦らずにお考えください。きっと道は開けてきます。

このシステムは、返信を頂くと回答をしないと次の方の質問をお受け出来ないようになっています。
「返信」せずにこのまま終了ください。
ご利用ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問