JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

今、24歳になる娘が結婚せざる得ない状況になりました。 以前から付き合っていた同年齢の人物ですが、彼には2度会って

解決済みの質問:

今、24歳になる娘が結婚せざる得ない状況になりました。
以前から付き合っていた同年齢の人物ですが、彼には2度会ってはいますが、彼に対して不安があり、結婚については条件を出していました。
(不安を感じていた事)
1.大学を自己理由で中退し、その後、専門学校に入学したが自己理由で中退していた。
2.仕事も転職を繰り返していた。
3.今、不動産業についたのを機会に宅地建物取引主任者の資格試験に合格を条件に結婚の了解を 再考すると伝えており、彼も了解していた。(これまでが、中途半端な生き方をしているようで、娘の  将来をあんじて彼に努力をさせ結果を出させる事も必要と考えた為)
しかしながら、娘が妊娠をした為、結婚の承諾をやむなしの心境で娘と生まれてくる子供の将来への不安を頂きながら承諾せざるを得なくなりました。
彼の両親と姉に家族で会いましたが、全て子供に任せている親は何もしないとの回答で益々不安になりながらも、結婚式の費用から様々な費用を私が全額負担しながら娘の将来を考えて行動致していますが、彼は結婚式はしなくても結婚できるからと人の善意・好意も理解しておらず一方的に成人したら何でも自己判断でできると傲慢な考えをしております。
以上のような場合には、親として彼に何か権利主張ができますか?
その他にも彼の両親の対応にも問題を感じております。
宜しくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
お相手の方やご両親を見ていると、不安な気持ちになる、その心中お察し申し上げます。
子供は親の姿の鏡です。様々な家庭があるように、いろいろな考え方を持つものです。お互い親の対応を訝しがるケースはよくあります。
当人同士はどうなのでしょうか。妊娠するというのは、お互いの意思疎通ができているのではないでしょうか。
「結婚」は当人同士の法に基づいた契約行為です。結婚すれば民法752条の「夫婦は同居し互いに協力し扶助しなければならない」と定められています。性生活や貞操義務だけでなく夫婦は互いに協力して、家事をし、病気のときには監護し、子を育てることが要求されています。それを当人たちは理解しているのでしょうか。またそれを理解さるのが親の役目です。
「結婚に関する契約書」ですが、これはきっといろいろな条項を決めて当人たちに守らせるというものでしょう。これを結んで結婚したとしても、民法752条の規定の範囲を超える定めがあった場合、守らなかったからといって契約違反には当たらないといえますし、片方が契約違反を理由に離婚を求めることもできません。
この契約書、結婚にあたっての親からの指導書的意味合いのものとなるでしょう。
当人同士は成人されておられるのでしょう。よって婚姻は第三者の意志なくすることができます。
成人には婚姻に留まらず、「責任」も負います。娘さんが「どうしても困った」という時に手を差しのべてやってはいかがでしょうか。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問