JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 471
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

こんにちは。 私は、仕事で1年間くらいオーストラリアに行っていた時に、同じく仕事でオーストラリアに来ていた日本

質問者の質問

こんにちは。
私は、仕事で1年間くらいオーストラリアに行っていた時に、同じく仕事でオーストラリアに来ていた日本人と、オーストラリアの法律上で結婚しました。(ですので、もちろん永住権ではなく、2人ともビザです。)
でも、結婚してからすぐに性格の不一致のために、やはり離婚しようということになり、、そのために日本の役所には結婚の届け出を出してません。
オーストラリアで、オーストラリアの法律で結婚したので、離婚するためには、オーストラリアの法律にのっとって、1年間以上の別居期間が必要で2年間以上の結婚期間が必要で、オーストラリアの法律上、離婚手続きをしなければならないのかと思いこんでいたのですが、、役所に問い合わせたところ、2人とも日本国籍を持つ日本人で、今は2人とも日本に戻ってきていて、この先も2人とも日本に住む予定なので、オーストラリアの法律は、もう関係なく日本の法律で離婚出来ると言われました。
これは確かですよね?
そして、問題なのは、私達の場合、日本の役所には、結婚したことを届け出ていないので、、日本ではそもそも結婚したことになっていないのです。
だから、オーストラリアの法律がもう関係ないなら、このまま日本でなにも手続きせずにいてもいいんじゃないか?と思ったのですが、それではやはり法律上問題ありなのでしょうか?
もしオーストラリアで結婚したことをそのままにしていて日本では届け出を出さずに、日本で別の人と結婚した場合、重婚になり罪に問われますか?
私は初婚ではなかったので、戸籍にバツがつくのは、別に気にしないのですが、彼は、初婚だったので、日本の戸籍にバツイチとなってしまうのが、あまり良い気分ではないのだと思います。
ですので、出来ることなら日本では、届け出を出さずに、オーストラリアでの結婚を解消したいと思っているんだと思います。
でも、やはり役所の人が言うように、法律上、日本人国民として、海外で結婚したという事実は、日本の役所に届け出ないとならないのでしょうか?(例え結婚してから3ヶ月以内に性格の不一致で離婚しようということになっても)
それと、日本の役所に必ず、結婚した事実を提出しなければならないとして、、オーストラリアで結婚したという結婚証明書が必要だそうなのですが、これは、日本にいながら、取り寄せることは可能でしょうか?
日本のオーストラリア大使館で発行してもらえないでしょうか?
どうやって手に入れたらよいでしょうか?
また、役所に届け出るのは、必ず原本でなければなりませんか?Faxされたものではだめでしょうか?
あと、区役所の人は、日本人同士の結婚なので、日本で婚姻届を提出すれば、次の日にでも離婚届けを提出して正式に離婚出来ると言っていたのですが、これは正しいでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
オーストラリアでは結婚の届け出をしたが、日本国内では手続きしなかったということですね。そうするとオーストラリア国内では婚姻関係、日本国内では他人として扱われます。
その不合理を解消するために日本の役所にも届けるのですが、届け出前でしたら、オーストラリア国内の離婚手続きをすればよいと思われます。この手続きは在大使館や領事館では行っておらず、本国州政府の各登録事務所での手続きとなります。
下記アドレスを参照してくだい。
http://australia.gov.au/topics/law-and-justice/births-deaths-and-marriages-registries
なおオーストラリアでの手続きで、日本の証明書が必要と言われた場合、現地事務所で婚姻証明書を取得し、一旦日本の役所で婚姻、離婚の手続きを経た上で、離婚受理証明書を州政府の登録事務所に提出することになります。
州政府登録事務所への手続きは郵送でもできるようです。(必用書類などは登録事務所にお尋ねください)
尚日本の証明書を発送する場合、訳本が必要になります。
追伸
日本での手続きはともかく、オーストラリアの手続きはしておいたほうが良いと思います。渡航しなければ問題は発生しませんが、入国を拒否されるケースが想定されます。
日本国内の手続きは、オーストラリアの対応次第で良いと思います。役所に訊くと「必要」とはいわれますが。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。1番必要としているのは、早くこのサイクルを終えることですので、、オーストラリアで離婚するとなると、オーストラリアの法律に従わなければなりませんか?それが知りたいです。オーストラリアの法律に従うとなると、1年間の別居期間プラス2年間の結婚生活が必要だと思います。
私達がオーストラリアで結婚してからまだ10ヶ月くらいしか経っていません。
結婚してからすぐ別居になったので、別居してからは、約9ヶ月です。
オーストラリアの法律に従わないとならない場合、少なくともあと1年3ヶ月は、離婚出来ないということになり、それは、非常に困ります。
ですので、日本国籍を持つ日本人同士なので
日本の役所に届け出をすれば、極端な話し、日本の法律で次の日にでも離婚出来るということだったので、その方法で早急に離婚したいのです。
日本国籍を持つ日本人同士なので、その方法で正式に離婚出来ますか?
(そして、その日本での離婚証明書をオーストラリアにも提出した方がよいですか?その場合、オーストラリアの法律でも即正式に離婚出来ますか?日本の戸籍で離婚しているのだから、1年間の別居生活や2年間の結婚生活が必要とかは、ないですよね?そこが1番知りたいところです。)
オーストラリアでの結婚証明書というのは、どこでもらますか?オーストラリア大使館でもらますか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
日本は協議離婚や調停離婚がありますが、他国で同様の手続きがある国は少なく、「日本での離婚」=「相手国での離婚」にならないケースが多いですが、オーストラリアは日本国内法の離婚を認める数少ない国のようです。日本の「離婚受理証明書」をもってオーストラリアの家庭裁判所に離婚の申し立てをすることになります(オーストラリアでの離婚の承認は裁判所でしかできない)。
ですから離婚証明書を取得するためには、一度日本で入籍して受理されたら離婚届を出して証明書を取得する。
この方法であれば、この離婚カウンセラーとの面談ややCertificateをは必要ないと考えます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。この件の話しがややこしいので、何度も確認して申し訳ないのですが、日本で、婚姻届を出して、日本で離婚して、その離婚証明書をオーストラリアの裁判所に提出すれば、オーストラリアでも離婚が正式に認められる、ということでしたが、それは、日本で正式に離婚すれば、、結婚期間が2年以上経っていなくても、オーストラリアでもすぐに離婚が認められるということですか?
また、certificateというのは、オーストラリアでの結婚証明書のことですか?日本の役所に婚姻届を出すために、オーストラリアで結婚したという結婚証明書は、なくても大丈夫なんですか?
ただ、日本の役所に婚姻届を出して、離婚して、離婚証明書をオーストラリアの裁判所に出せばいいんですか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ややこしくなってしまったようで、申し訳ありません。
日本の役所で婚姻届提出、受理されたら翌日離婚届提出、離婚受理証明書(訳本を付けて)州の家庭裁判所に申し立て。審判が下りたら(3か月ほど審理にかかる模様)オーストラリアの役所で審判書を元に手続き。
これで2年経過せずにオーストラリアでの離婚が成立するものと思われます。
念のため、州の家庭裁判所に日本の離婚受理証明書で提出書類はよいかお尋ねください。別途必要な添付書類が必要かもしれません。そこまでは確認できませんのでご容赦ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。日本の役所に婚姻届を提出するためには、オーストラリアでの結婚証明書が必要ですか?それとも、なくてもよいのですか?又、日本の戸籍上、正式に離婚しただけでは不十分なのでしょうか?それだけでは、新しい人と結婚出来ないのですか?(重婚になりますか?)オーストラリアの裁判所にも手続きをして、オーストラリアでも正式に離婚が認められるということは、必須ですか?そうでないと、新しい人と結婚出来ませんか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
順に回答させていただきます。
・日本の役所に日本人同士の婚姻を届け出るのに、外国の結婚証明書は必要ないはずです。
・日本の役所で離婚届を提出すれば、国内的には結婚はできます(女性は再婚禁止期間6か月)。ただ、オーストラリア国内においては婚姻が有効なので、オーストラリア国内での結婚はできません。日本国内では手続き上は可能です。
しかし民法732条では「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない」の事例として「内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合」を挙げています。
なお、当事者が悪意の場合(婚姻する相手方が配偶者のある者であることを知っていた場合)には、刑法上の故意が認められ後述の重婚罪を構成し処罰されることになります。
ですので、法を順守するのであれば、オーストラリアの手続きをしておいたほうがよいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。確認なのですが、今回日本に婚姻届を提出するのは、1年前くらいにオーストラリアで結婚の届け出をした件で、、ということであっても、役所に提出する時に、オーストラリアの、結婚証明書は必要ないですか?
先日、役所に問い合わせて「オーストラリアに住んでいた時にオーストラリアで結婚したので、、」と言ったら、「では、オーストラリアでの結婚の結婚証明書を持参して婚姻届を提出しに来て下さい。」と言われました。
役所にオーストラリアで結婚したので、届け出にきた、、と言うと多分、じゃあ結婚証明書を持ってきて下さいと言われると思うので、役所には、オーストラリアで結婚したことは、隠して、婚姻届を提出しなければならないと思うのですが、それで大丈夫なのでしょうか?
又、婚姻届に、’結婚式を挙げた日又は同居を始めた日’を記入すると思うので、そこに1年前にオーストラリアで結婚式を挙げた日を記入するのですが、役所の人に、「どうして結婚式を挙げてから1年間も婚姻届を出さなかったのか?」と聞かれないでしょうか?
又、日本の法律では、実際に法律上、婚姻関係がスタートするのは、婚姻届を役所に提出した日でしょうか?それとも結婚式を挙げた日でしょうか?
もし日本の法律が、実際の婚姻関係がスタートするのが、結婚式を挙げた日とは関係なく婚姻届を役所に提出した日の場合、、次の日に離婚届けを提出したら、結婚期間が1日しかなかったことになってしまいます。(これは事実ではない)
オーストラリアで1年前に結婚したという結婚証明書を持参して日本の役所に提出した場合は、次の日に離婚届けを提出しても、結婚期間は、約1年間あったことになります。
ですので、やはりどうしてもオーストラリアで結婚したという結婚証明書が必要なのではないかと思うのですが、どうでしょうか?
何度も返信してしまいすみません。疑問点をスッキリさせたいので、宜しくお願いします。
ありがとうございます。
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
「オーストラリアに住んでいた時にオーストラリアで結婚したので」ということを戸籍係に言えば、結婚証明書を出してくれというかもしれません。想定される理由は、婚姻に関する法的拘束力の開始日を確定すること、本籍地・住所の確認等と思われます。婚姻日・本籍地を戸籍に記載しなければなりませんから。オーストラリアの住所・本籍になっていれば、確かに求められる可能性があります。
手続きを省略しようとすると、やはり虚偽の申告ということになりそうですね。
「どうして結婚式を挙げてから1年間も婚姻届を出さなかったのか?」
基本3か月以内に婚姻届を提出する必要がありますが、「理由書」を添えれば問題ないようです。内縁や同棲から法律婚に切り替える、あなたたちのように海外で婚姻するケース等事情は様々ですので、受理されないことはないでしょう。
私も「オーストラリアの結婚証明書を取らずに済む」方法を回答で書いてしまいましたが、やはり虚偽の申告となり、専門家としてはお勧めできません。
結婚証明書に理由書を添えて提出、受理されたら翌日にでも離婚届を出し、離婚受理証明書を元にオーストラリア本国での手続き、これが法に則した方法であると言えます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます!そうですね。私も、その方法が1番良いと思います!ありがとうございました!
民法732条のことも教えていただきありがとうございます。とても助かりました!!!
それで、最後にあと一つだけ知りたいことがあります!!教えて下さい!それは、、日本国民が、外地で婚姻した場合、内地にもその事実を報告しなければならないというような法律、(民法?)があったら教えて下さい。(多分、あると思うんです。)役所の人が、「海外で婚姻した場合、日本国民として日本にもその事実を報告する義務がある。」と言っていたので。そして、もし報告しなければ、5万円以下の罰金を処される場合もある。というようなデータも目にしたことが、ある気がしますので。
民法の何条に、どういう内容で示されているのか教えて下さい。
宜しくお願いします!
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
当方で調べましたが、外国において「身分の変動」があった場合、「属人主義」が国際法上の伝統的な原則であるということで、その根拠法は見つかりませんでした。
属人法の範囲は、一般的には人の身分及び能力に関する法とされるのが国際私法における伝統的な原則で、ここでいう「身分」とは民法における親族法上の特定の地位のことをいい、「能力」とは行為能力(法律行為を単独で有効にすることができる法律上の地位)のことをいいます。
例えば、相続が発生したりした場合、法定相続人であることを証明するために戸籍の記載が必須条件であったり、遺留分減殺請求などの法律行為を行える根拠は「身分」であることが条件になるからです。
「法」で保護する条件として届け出を義務化する。これで法を運用していると言えます。
罰則は死亡届や出生届などの場合、年金の不正受給や基本的人権の保護などで適用されるケースがありますが、婚姻については偽装でない場合はあまりききません。偽装でも外国人との結婚のケースがほとんどです。
外国地での「身分変更」をうたっているわけではありませんが、根拠法を下記に記載します。
戸籍法
第十五条  戸籍の記載は、届出、報告、申請、請求若しくは嘱託、証書若しくは航海日誌の謄本又は裁判によつてこれをする。
第七十四条  婚姻をしようとする者は、左の事項を届書に記載して、その旨を届け出なければならない。
第百三十五条  正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、五万円以下の過料に処する。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございました。国際法とか相続とかは、よくわかりませんが、オーストラリアで結婚したことを、日本の役所に報告するべきか?ということだけで考えたら、民法741条が適用されて、100%必ず、日本に報告しなければならないのではないのでしょうか?民法741条には、外国における日本人同士の婚姻の方法には2通りがある。①居住する外国の法律で定められた方式に従って婚姻する。(法適用24条2項)か、あるいは、②夫又は妻の本籍地の戸籍事務担当者に婚姻届を直接に郵送又は他人に提出の委託をする(741条2項、739条、戸籍法25条、法適用24条3項)というものである。①の場合には、その国で作成された婚姻証書を3か月以内にその国に駐在する大使、公使又は領事に証書の謄本を提出しなければならない(戸籍法41条1項)。大使、公使又は領事が駐在しないときには、本籍地の市町村長に証書の謄本を発送しなければならない(戸籍法41条2項)、、。とあります。そして、日本の法律が準用される。。とありました。いくら海外の法律で、結婚しても、2人とも日本人国籍を持つ日本人なので、日本に法律が適用されるので、(たとえ、そのままビザで、オーストラリアに何年も居住していたとしても)もしも、離婚したくなった時とかは、日本の法律が適用されることきなるので、(オーストラリアに居住していたとしても、日本国籍の日本同士の場合、オーストラリアの法律で離婚することは出来ないはず。)もし、3ヶ月以内に、日本に報告出来なかったとしても、、なんらかの事情で、報告が遅くなってしまったとしても、、日本人同士が海外で結婚した場合、必ず日本の役所に届け出ることは、、この民法741条によって、やはり義務づけられているのではないか?と思うのですが。。ややこしい話しかもしれないのですが、、結婚相手の方やその親が、どうせ日本で結婚生活をする気はなく、オーストラリアでの結婚も解消したいのだから、日本で届け出る必要ない、みたいな感じなんですけど、、オーストラリアでの結婚を解消するためには、、私達は、日本国籍を持つ日本人同士なので、日本の法律で離婚してから、その事実をオーストラリアに報告して、オーストラリアでも正式に離婚を認めてもらう、という方法しかないと思うので、、相手の方に、、必ず日本での届け出が必要ってことをどう話したらわかってもらえるかと思い、、海外で結婚したことは、必ず日本の役所に届け出ないとならないという規則があったら説得力あるのではないか?と思ったんです。でも、この民法741条で言っていることが、それに当てはまりますよね?私達は、離婚したいので、、オーストラリアでの結婚も早く解消しないと、他の人とも結婚出来ないし、(重婚になってしまう。)日本の役所に、届け出れば、日本の法律で早く正式に離婚出来るのに、、相手の方が何故か、(戸籍が汚れるのが嫌なのか知りませんが)日本で届け出を出すことを渋っていて?(オーストラリアでの結婚を解消したいって言ってるのは、向こうなのに、矛盾してますよね?日本国籍を持つ私達がオーストラリアでの結婚を解消するためには、日本の法律で正式に離婚するしか方法がないのに。)なので、海外で婚姻した場合に、そのことを日本の役所にも報告する義務があるという決定的な規則があったらいいなと思ったんです。民法741条が、これに当てはまることを言っているということでよいですか?P.S 今、思ったのですが、民法741条で、①の場合には、その国で、作成された婚姻証明を日本の役所にも提出しなければならない。。とあるので、、もうオーストラリアで婚姻届は、書いて提出しているので、、日本の役所に提出するのは、その結婚証明書だけでいいのでしょうか?日本に婚姻届は、記入して提出する必要は、ない?そして次の日に離婚届けだけ、日本の離婚届に記入して出せば良いのでしょうか?あと、①の場合には、その国で作成された婚姻証書を3か月以内にその国に駐在する大使、公使又は領事に証書の謄本を提出しなければならない(戸籍法41条1項)。大使、公使又は領事が駐在しないときには、「本籍地」の市町村長に証書の謄本を発送しなければならない(戸籍法41条2項)、、とあるんですけど、この「本籍地」というのは、日本の夫の本籍地ということですか?夫か妻のどちらかの本籍地ということですか?それとも、両方の本籍地に1通ずつ発送ですか?ここに、本籍地に証明の謄本(結婚証明書)を発送しなければならない、、とあるので、特に、日本に婚姻届に記入して、日本の婚姻届を提出しなければ、ならないということではなさそうな気がしますが、どうなんでしょうか?それとも、結婚証明書を提出するだけで良いのは、3ヶ月以内に報告した場合だけであって、3ヶ月過ぎてから、日本に報告する場合は、日本の婚姻届も必要とか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
民法741号は「外国に在る日本人間で婚姻をしようとするときは、その国に駐在する日本の大使、公使又は領事にその届出をすることができる」とあるだけで、本来は国内で届け出るものを、在外公館でも受理できますよということで、「義務付け」の法律とは言えないです。
前述の戸籍法が根拠法となると思われます。
婚姻届は書かなければならないでしょう。オーストラリアの結婚証明書は、添付書類にすぎません。これを夫またはあなたのどちらか一方の本籍地の市町村役場に提出することになります。受け取った市町村長は婚姻届に記載の「本籍としたいところ」の本籍地に書類を送り、戸籍を作成、記載を行います。
「特に、日本に婚姻届に記入して、日本の婚姻届を提出しなければ、ならないということではなさそうな気がしますが、どうなんでしょうか?」
3か月ルールは「届け出をする期限」であって、書類の種類に変更はないでしょう。これは運用の話になると思うのですが、結婚証明書を本籍地に送付したとして、記載事項を満たすわけではないので、恐らく結婚証明書の記載の住所に婚姻届が発送されてきて記載して再発送することになるのではないでしょうか。オーストラリアには、本籍という概念が無いようですから。
話は戻りますが、相手説明する方法にお困りのようですが、法を順守するなら前回の回答どおりにしないといけない、というべきでしょう。国内で届け出義務を怠ると罰則もある、そういう言い方でよろしいのではないでしょうか。
dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 471
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。それで、まず結婚証明書が必要なんですが、オーストラリアで私達の結婚式のcelebrantをやってくれた人に、レジストリーオフィスに私達の結婚証明書を発行してもらうように頼んでいるのですが、そのcelebrantをやってくれた人が、私達の結婚式の時の書類を見つけることが出来ないみたいで、(なくした?)今、探してくれてるのですが、もし、その私達の結婚式の時の書類が見つからなかったら、どうしたらよいのでしょうか?

オーストラリア方式での結婚をしたけど、私は、その方式が今だにいまいちわかっていなくて、celebrantが今、何の書類を探しているのかもよくわからないです。レジストリーオフィスに結婚証明書を発行してもらうためには、何の書類が必要なんですか?

結婚式の時にサインした書類は(サインした覚えがある)、婚姻届で、その婚姻届は、その結婚式をした日かその次の日に、オーストラリアの役所?に提出したと思うので、(だから結婚が成立はしたんですよね)、今回、レジストリーオフィスから結婚証明書を発行してもらうために必要だといって、celebrantが探している書類は、いったい何の書類なんでしょうか?

なんか、話しがややこしくて、さっぱりわからないんです。

そして、もしcelebrantがその書類をなくしてしまっていて、結婚証明書を発行してもらえることが不可能だったら、(というかレジストリーオフィスから結婚証明書を発行してもらうためには、その書類が必ず必要なんでしょうか?)そのオーストラリアの結婚に関して、日本の役所に婚姻届を提出するのは、不可能になってしまうのでしょうか?

これだと、一生離婚出来なくなるので、困ります。その結婚証明書を発行してもらえなくても、オーストラリアでの結婚に関して日本の役所に届け出ることが出来る方法は、ないのでしょうか?


また、celebrantが、何の書類を探しているのかわかりませんが、オーストラリアのレジストリーオフィスから結婚証明書を発行してもらうためには、実際なんの書類が必要なんでしょうか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
司祭さんが探しているのは「受理されたことを証明」する書類ではないでしょうか。
これ以上は何とも言えませんが、州政府の役所に証明書の発行依頼をすればよいのではないでしょうか。郵送での取得も可能との情報もあります。一度前述のアドレスから問い合わせてみてはいかがでしょうか。何らかの形で発行が可能だと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。そのホームページや、郵送での取得も可能と書いてあるところは、日本語で見れませんか?日本語で見れるホームページ知っていたら教えて下さい。宜しくお願いします。
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
オーストラリア大使館のHPはトップページをから州政府の案内に進むと、英語表記しかありません。
サイトに貼りつけで翻訳できるものがありますので、そちらを利用してください。
また、英語のみの対応になると思いますが、州政府に直接TELして送付方法をお聞きになるようにしてください。
(郵送での送付は、大使館に連絡して「そういう方法もあるはずだが、詳細は「上記ページ」から州政府に直接問い合わせてください、とのことでした。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございました。相手の方に、日本の役所にも届け出て、日本の法律で離婚する必要があると伝えたところ、「役所に問い合わせたら、日本の戸籍は動かす必要はない。重婚にはならない。」って返答してきたのですが、、どうすればよいですか?これは事実ですか?事実ではないですよね?

民法732条で、内地と外地でそれぞれ婚姻するのは重婚だと述べているし、、相手の方にどう説得することが出来ますか?
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただきましたが、質問内容が「離婚の方法」から「相手への対処方法」と追加の質問となりましたので、Just Anser の運営のほうからも連絡があったかと思いますが、再度新たに「質問」を行ってください。
(1質問・1回答となっています。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。質問の際にご指名でいただければ、改めて回答させていただきます)

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    835
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問