JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

養子縁組を解消したい、現在いる義理の父親との養子縁組を解消したいと考えてます。 両親共にバツイチ同士での婚姻関係で

質問者の質問

養子縁組を解消したい、現在いる義理の父親との養子縁組を解消したいと考えてます。
両親共にバツイチ同士での婚姻関係で母親は私にとっての唯一の血縁者でした、しかしその母親も先月他界しました、離婚が成立せず婚姻関係解消には至らなかったため私はまだ義理の父親と養子縁組中です、義理の父親は過去に於いて仕事をせず母親に集っていた紐であり、母親に対しても暴力してましたそれは母親が要介護5を持ち寝たきり状態でさえも暴力を振るってた、またこの時期に三度の万引きで検挙され罰金額30万円の支払いを私に対して求められています、母親の死後かなりの金が必要で追加融資を受け新たに200万円もの借金をし住宅ローンも有ります、合計額およそ700万円です、他人の為の借金などする余裕等ありません、検察の脅し文句のような感じで今回は立て替え払いをしますが、余り反省しているとは思えない義理の父親、義理の父親の年金口座の管理を今月より私が行ってますが、反省も無く3回目の万引きをし私が罰金額を支払っても再犯の可能性は大きいです、義理の父親の為に警察や検察に赴き何故直接関係が無い私が持つ身分証を売り込まねばならないのか。
義理の父親は外出癖が有り一日の大半は家にいません、火を付けたまま外出したり鍵を掛けずに外出することも多いです、注意すれば即答で反論します、火は今付けたばかりだからと言うが、ボヤ寸前に成った事も一度や二度ではない、鍵を掛けずに外出する理由を聞けば同様に即答で返す、取られるものないからと言う、義理の父親は生活費全般。ローン返済などには一切かかわってはいません、金銭的な事に関しては一切無関心であり、金は使うが金を稼ぐことはしないから本人のローンは組めません。
本人は生活費全般・ローン返済とは無関係でも私が管理する通帳や印鑑・権利書などが家の中に有りますから、空き巣の絶好のターゲットにも成り得る。
家にほとんどいないのなら家に帰って来て貰う必要はないと思います、不動産は私名義です親父名義の物は年金口座ぐらいで何もありません、私には血縁者はいませんが、義理の父親の方は交流が無いとはいっても兄妹も居り実子もいる、問題場から起こして私が保証するのは必要ないと思ってます今すぐにでも養子縁組を解消したいと思っています、役所から養子縁組を解消届は貰っていますが本人が書くかどうかは分かりません、この場合どうすれば良いのだろうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
お答えいたします。よろしくお願いいたします。
離縁する方法は次の2通りです。
1 合意(協議離縁)。離縁届を書いて市町村役場に届け出るものです。
2 裁判離縁
相手方が離縁に同意しない場合、裁判所に強制的に離縁してもらうものです。
ただ、裁判離縁の前に、必ず、離縁の調停を申し立てないといけません。
調停というのは、裁判所が仲介して、当事者の合意形成を目指す手続です。
裁判所の仲介にもかかわらず、離縁の合意ができない場合は、離縁を求める裁判を申し立てることになります。
裁判で離縁を求めることは、相手方の意に反して離縁をしてもらうことなので、一定の要件が必要です。
その要件は、民法814条1項が定めております。
本件のような事案ですと、814条1項3号の要件該当を理由に裁判を求める事になろうかと思います。
同号の要件は、抽象的なので、暴力、家計を顧みない、実母と離婚した等様々な理由が該当し得ます。ポイントは、義理の親子として回復する余地がない、と言えるか否かです。性格の不一致等でも、余りに以上性格等であるとか、そのような程度に至っていればみとめられますし、おやことしての音信が全くないなども該当し得ます。
民法(裁判上の離縁)
第814条
1項 縁組の当事者の一方は、次に掲げる場合に限り、離縁の訴えを提起することができる。
一  他の一方から悪意で遺棄されたとき。
二  他の一方の生死が三年以上明らかでないとき。
三  その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき。
2項 略
まずは、相手方の署名押印をもらい協議離縁を目指し、相手方が拒否するようでしたら、
離縁の調停を申し立てて下さい。
離縁調停の申立ては、相手方住所地管轄の家庭裁判所に申し立てます。
申立て費用は1,200円の印紙と切手です(切手は、裁判所によって納付を求められる組み合わせが異なりますので、申立て予定裁判所に必ず問い合わせて下さい)
申立書等の書式は、次をご参照下さい(家庭裁判所HP)
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazityoutei/syosiki_01_59/index.html
以上ご検討下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問