JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

私と是非結婚したいというふりをしていた人がいました。私も彼Aとそうなりたいと思っていました。しかし実際には彼はそうは

解決済みの質問:

私と是非結婚したいというふりをしていた人がいました。私も彼Aとそうなりたいと思っていました。しかし実際には彼はそうは思っていませんでした。しかしそのことを言わず周りには私と一緒になりたいというふりをしている期間が長くありました。そのせいで私の周りの同僚BやCは私がAと結婚するものと思い込み、どんどん結婚してしまい子供も作ってしまいました。その後、私が事実をBに告げると大変驚かれました。このような場合に受けた損害をAに請求することは可能でしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご質問いただき、ありがとうございます。
焦点は、「婚姻を約する合意」が明確にあったか、になります。
あなたと結婚したいという「ふり」をしていた、というのは婚約していたとはいえません。
「プロポーズ」をした、「婚約指輪」をもらった、「結納の儀式を行った」などの明確な婚姻の意思の表明がなかった場合、婚姻を約していたと証明するのは難しいでしょう。
Aからすれば「結婚しようと思ったことはない」と言われてしまえばそれまでです。
あなたも、Aに明確に意思を確かめたのでしょうか。
同僚B・CはAにとって第三者であり、BおよびCに直接詐欺などの行為を行ったのではありません。各々の意思によって結婚を決めたものであり、あなたに損害を与えたとはいえません。
ただし「フリ」が上記のような明確な婚約の意思表明があった場合、あなたはAに対して損害賠償(結婚への支度)や慰謝料(精神的苦痛)を請求できるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

明確な意思表示ではなく、親に紹介するかどうかの話をしました。私は肯定しましたが、そのやりとりは仰る通り否認される可能性はあります。裁判所は認めないかもしれませんが皆同じ会社の同僚なので、社会生活の中で苦情をいうことはできますか

専門家:  dai60962000 返答済み 2 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
「親に紹介する」というのは、彼女としてお付き合いをしたい、結婚を前提にお付き合いしたい、によって変わってきます。後者であれば結婚の意思があったと言えるでしょう。
会社の中で何か言おうということは、控えられたほうがよいと思います。私生活の争いを公の場に持ち込むことは、若しそれを他の方(上司等)にきかれたときに、どちらかに人事上の不利益が課されるかもしれません。公と私の区別はつけましょう。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問