JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 947
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

事実婚の基本的なメリット、デメリットについて教えて下さい。結婚式を挙げることができるのは知っています。法律上は単に同

質問者の質問

事実婚の基本的なメリット、デメリットについて教えて下さい。結婚式を挙げることができるのは知っています。法律上は単に同居しているだけということになるのでしょうか。よろしくお願いします。子供ができたら認知するのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
法律上は内縁関係ということになります。
それぞれの手続きによって、法律婚と同様の扱いを受けられる場合もあれば、
そうでない場合もあります。

例えば、戸籍はあくまで別々ですので、認知をしなければ父親が不明という
扱いになってしまいます。
一方で住民票については、未届けの妻として同一世帯に入ることが可能です。
遺族年金についても受けることが可能です。

民間事業者からの扱いは、各事業者の判断になりますのでばらつきが大きいと
思いますが、法的な手続きの場面でいえば、相続ができないことと、戸籍が
別々で姓がばらばらであるという点を除けば、法律婚同様の扱いを受けられる
場合が多いといえます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

住民税や所得税の扱いはどうなりますか?

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
税法上は制度安定、課税公平などの観点から法律婚が求められます。
このため、所得税や贈与税などについての、配偶者を対象とした制度の
適用を受けることはできません。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問