JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

精神傷害者2級の一人息子(45歳)がいて、親の死後は自分で生活する必要有り。昔から浪費グセあり財産管理能力が乏しい。

解決済みの質問:

精神傷害者2級の一人息子(45歳)がいて、親の死後は自分で生活する必要有り。昔から浪費グセあり財産管理能力が乏しい。親(認知症あり)には後見人として財産管理を委任されているが、死後は息子に全財産を渡さなければならない。息子が生涯困らないように財産管理を考えたい。
方法は?。
親と後見人は姉妹関係。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
少し整理させていただきますが、障害者のお母さんは認知症で、その後見人をされておられるのは、妹さんのあなたということでよろしいでしょうか。
お母さんが亡くなれば、息子さんが相続することになります。
その前に息子さん(あなたにとっては甥子さんに当たりますよね。
法定後見を申し立てられるのは、本人、配偶者、四親等内の親族、他の類型の援助者・監督人、検察官、任意後見受任者、任意後見人、任意後見監督人、市町村長です。
なお、「四親等内の親族」とは、両親・子供・孫・ひ孫・兄弟姉妹・おじ、おば・いとこ・甥、姪・甥姪の子供などです。
あなたからでも申し立てができますし、後見人は必ずしも親族が行わなければならないものではありません。弁護士や司法書士、行政書士などの法律職が行う場合もよくあります。
申立書の「候補者」の欄を空欄にして提出すれば、裁判所が選任します。
申し立ては、今時点でも問題ないと考えます。自身で処分できる財産、契約などの法律行為から守ることも。意味があります。相続後は遺産の管理も後見人が引き受けることになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

質問不足でした。


成人後見を申し立てた場合、息子からは拒否する権利?はありますか。


申し立てに対して審査されると思いますが素人(妹)で対応できますか。


申し立てする要件(例えば息子の精神鑑定が必要となった場合に息子が


拒否したら)を準備は当方で行うのでしょうか。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
本人が後見制度の利用を拒否する場合、本人に判断能力が残っている(“残存能力”がある)かどうかで結論が分かれます。
つまり、まだ本人に判断能力が残っている場合(補助類型・保佐類型のケース)では、本人の意思に反して法定後見制度を利用して、補助人や保佐人を付けることは難しいです。
一方、医師の診断や鑑定の結果、通常において自分の行為の結果について合理的な判断をする能力がない(=“後見類型”)とされた場合には、本人の意思に関わらず、本人の福祉のために必要であれば、後見制度を利用することができます。
親族でも申し立てに対応できるか、についてですが、法律職でない方が後見人をされているケースもあります。審判をする裁判官も一般の人に理解できるように質問したり、回答を求めたりします。診断書以外の状況等は嘘偽りなく正直に答えれば問題ありません。
診断書は精神保健指定医の診断書が必要になります。町中の精神科や心療内科でも資格を持っておられるお医者さんがいます。予め医者に話を通しておき、「治療に行こう」、「診察に行ってみよう」と誘いだし、
診断書を作ってもらいましょう。
本人を騙すことになりますが、将来のことを見通せば、ベターな手段ではないでしょうか。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問