JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

実家のことで質問します。農業の継続(○○家)する為養子縁組を考えていますが、養子縁組に値する夫婦を見つけられるか不安

質問者の質問

実家のことで質問します。農業の継続(○○家)する為養子縁組を考えていますが、養子縁組に値する夫婦を見つけられるか不安。 現状、兄が死亡し、義理の姉健在。長男(60歳)夫婦子供なし。次男(57歳)夫婦は現在神奈川県でサラリーマン。次男夫婦には娘が一人おり、結婚してますが子供はまだいません。 このままですと近い将来実家の農業を継ぐ人はいなくなると考えております。たとえ血のつながりがなくても、実家の長男夫婦が生きている間、養子縁組した夫婦とごく普通に生活でき、農業を任せられると思ってあの世に旅立てれば良いと思ってます。 相談者には、息子、娘おり、二人とも結婚してます。孫3人とも女性です。長男夫婦は農業には興味はないようです。


 


農業をやりたい若い夫婦を探すには、どこで探すのがよろしいですか。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

supertonton :

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お困りのことと思います。仮に、個人的に見つけて行くなら、農業法人等で働いていて、本格的に農業を独立してやりたい方に募集をかけてみるのも手です。基本的に、農家になるためにはのの農地の問題があるため、養子になって家族になる方が早いと考える方もいるかもしれません。それなるの新規就農者には要件があるので、農業委員会や農協あるいは農林水産省等あらゆるつてを頼って行った方が良いでしょう。なるべく早く動くことが肝要です。頑張って下さい。

JACUSTOMER-ry4hmixv- :

≪農業法人等で働いていて、本格的に農業を独立してやりたい方に募集をかけてみるのも手です。≫  質問の仕方が悪いと今思いました。 「○○農業法人」 数か所の農業法人を提示してほしかった。

JACUSTOMER-ry4hmixv- :

≪それなるの新規就農者には要件があるので、農業委員会や農協あるいは農林水産省等あらゆるつてを頼って行った方が良いでしょう。≫ 左記の回答は全然必要がないところでした。

supertonton :

誠に申し訳ございませんでした。農業生産法人などの特定の組織は、こちらではご紹介できないシステムとなっております。実際には全国で12000件近く有るので、ご都合の良い農業委員会等でご確認されてご紹介を受けた方が良いかもしれません。農業をするためには農地の確保の問題があり、受け入れてくれる組織もあると思えます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問