JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

1年前に3年ほど同棲していた元恋人と飼っていた犬のことについて質問です。犬は元恋人と別れてから、私が飼っています。

解決済みの質問:

1年前に3年ほど同棲していた元恋人と飼っていた犬のことについて質問です。犬は元恋人と別れてから、私が飼っています。

【質問の内容】
元恋人と別れてから、1年ほど経過したタイミングで、「犬の誕生日に犬と1日過ごさせてほしい」とメールで連絡がありました。私は、元恋人に散々ひどいことをされ、もう会いたくもない人ですし、今は新しい恋人と結婚を前提にお付き合いしている大事な時期なので、「私も会いたくないし、犬を会わせることもしたくない」と返答しました。
そうしたところ、「おまえと別れても、犬は俺の家族だし、俺には会う権利がある。おまえの気持ちだけで、犬に会えないのはおかしい」と怒った内容の返信がきました。
彼は、感情的になると暴力的なところがあり、何をするかわからないタイプの人なので、私としては、一切、彼とかかわりたくありませんし、犬も会わせたくありません。法的な根拠を示した上で、断りたいのですが、どのように断るのよいのでしょうか?大変困っておりますので、どうかお助けください。

【犬を飼っていたときの状況】
・元恋人はヒモのような状態で、家賃や生活費は私がすべて払っていた
・犬は知り合いから譲り受けたが、その際の手数料数万円は私が払った
・犬の飼い主登録は飼った当初から私の名義
・その他、犬ワクチンなどの諸費用もすべて私が払っていた

その他、不足している情報があれば、ご教示ください。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
「飼い犬」は生き物ですが、法律上は「物」と分類されます。
相手があなたと別れた時点で飼い犬を引き取らなかった以上、「手放した」と解釈できます。ですから「共有物」とは言えません。
また、あなたのお金で、あなたの名前で登録し、諸費用も払っていたとなれば、あなた個人の物であることは明白です。
あなたが同棲であって内縁の仲でないとお考えであったのですから、内縁の夫婦間の共有物とも言えません。
・飼い犬は「家族」ではない。「物」である。
・あなたは引き取らなかった以上、「所有権」を放棄している。
・私の名前で登録し、金銭的面倒も自分がしてきたのであるから、所有権は自分にある。
以上の回答で明確に断れるのではないでしょうか。
何かほかに意図があるかもしれません。一度断ったら後は関わらないようにしましょう。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問