JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

調停離婚の際に、20歳までの養育費の約束をもらいました。その後、二か月前に私が再婚し、14歳の子供も養子縁組をしまし

解決済みの質問:

調停離婚の際に、20歳までの養育費の約束をもらいました。その後、二か月前に私が再婚し、14歳の子供も養子縁組をしました。
それを知った元夫が、養育費を払わないと言ってきました。払うべき日に払われないの確認して、履行勧告をしてもらう予定です。 今の夫は収入が少なく私はゼロです。元夫は経済力があります。再婚をしていますが、子供はいません。
審判を待とうと思っていましたが、色々調べたところ、養子縁組を解消すると養育費の請求が出来るような事がありました。
そのあと、子の氏を私と同じに変更をして、戸籍に入れるつもりです。これは、有効でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
調停で養育費の支払いについて合意し、調停調書を作成してお互い持っているわけですよね。
「履行勧告」をだれに行ってもらうつもりなのでしょうか。「勧告」ではなくて、「請求」です。内容証明郵便で請求しましょう。
応じない場合は、調停調書を証拠に財産や給与の差し押さえなどの強制執行を裁判所に申し立てることができます。
まあそうなる前に、相手は養育費減額の調停申し立てをしてくるのではないでしょうか。
あなたは再婚して新しい夫にも養育されているわけです。なので現在の収入状況に応じて減額はあり得ます。
ただ、養子縁組していても実親との親子の縁は切れません。双方の親(あなたも含めて)に養育義務があります。
なので「支払わない」というのは許されません。
「子の氏を私と同じに変更をして、戸籍に入れるつもりです。」とありますが、再婚されて子供さんを含めて新しい夫の氏を称していらっしゃるんですよね。夫婦別姓は認められません。
今回のケース別姓にする意味はないものと考えます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の返答を有難うございました。


裁判所の書記官に履行勧告をお願いします


たぶん減額調停→審判になると思います。


知恵袋などで調べると、養父に養育義務が移るので、養育費はゼロになると、ありますね


実際のところは、どちらなのか、


どちらにしても、減額を覚悟しています。


 


今回の、メインの質問は、子供が、今夫との養子縁組をとくと、養育費の審判に有利になるか否かということです。


理論上は可能で、有効とおもうのですが…


 


偽装離縁みたいになってしますのかなと、心配しています。


 


そして、生活をしていくうえで、不都合なので、子供は、今夫の戸籍には入れようと思っています。


その時に、子の氏を私と同じ、今夫の氏に変更しようと思っています。


 


返答を宜しくお願いいたします。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
元配偶者が再婚し、再婚相手が子供と養子縁組した場合、その子供の扶養義務者は養親となりますが、実親との親子関係がそれで消滅するわけではありません。その為、養育費の支払い義務が消えるわけではありません。しかし、養親が充分な資力がある場合など、減額請求をされる事もあります。
一度養子縁組した場合でも、離婚する等して養子縁組を解消した場合は、養親には養育費の支払い義務はなくなります。
ですので養子縁組の解消は、元夫の減額請求に対しては有効です。
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ボタンを押し間違え、回答が2つになってしまい、申し訳ありません。
子供の氏の変更は、離婚、再婚しただけでは変わりません。
父又は母と氏を異にする場合には、その子は家庭裁判所の許可を得て、父又は母の氏を称することができます。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問