JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4619
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

もともと実家に理由をつけて9ヶ月の娘を連れて帰り、1泊とかしがちでした。 先日休日に疲れたから実家に泊まりたいと連

質問者の質問

もともと実家に理由をつけて9ヶ月の娘を連れて帰り、1泊とかしがちでした。
先日休日に疲れたから実家に泊まりたいと連絡があり、泊まるのは良いが早く帰って来て欲しい。娘の顔が見たいと伝えると、女々しいと返信があり、腹が立ったのか、しばらく実家にいたい、そっとしといて欲しいとメールがあり、その後、娘には合わせて欲しい、親だから会う権利があるとメールをしたら放置されました後、4日間連絡なく帰ってきません。
4日ですが長くなるといけないとネットで見たので書き込みます。
妻は現在育休中、私は仕事帰宅後、娘の食事の手伝い、風呂入れなど育児もしていました。
私は離婚をする気もありません。法的に娘に会う方法はありますか?
できれば女性の先生に答えていただきたいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、当職は女性ではありませんが、早目のご回答と離婚問題の専門家と
言うことでご回答させていただきます。
 現時点では、離婚はされていないと思いますが、出産後に奥様の方から
離婚に至るケースが意外と増えています。
そう言う意味では、早目に実家から帰ってくるように促すことも大事です。
渋々でも戻ってくれば、関係を修復できる可能性もあります。
実家にいればいるほど、いらぬ考えに至ることも多いものです。
 とりあえず、区役所に「離婚届の不受理の申出」をしておいて下さい。
これが出ていれば、勝手に離婚届は出せませんし、調停等になっても
ご相談者様が合意するまでは離婚は出来ません。
ご相談者様に有責性があれば別ですが。
 離婚届を勝手に出す方はいますし、離婚届には親権者指定欄が書かれているので
ご注意が必要です。
離婚をしている訳では無いですが、現時点では、別居と同じで、一時的な監護権が
奥様側にありますので、連れ去りなどは問題となります。
とは言え面会交流権はあるので、それは要求して行きましょう。
 仮に、今後長引くようであれば、家庭裁判所の面会交流の調停を申立てるのも手です。
家庭裁判所の調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
 ただ、いざ離婚となると、親権及び監護権は女性側に余程のことが無いと
有利になるので、出来れば、ご相談者様が養育できるように
ご相談者様の親御様等も連れて、お子様を取り戻しに行くことも考えられて良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
一般的な意見も聞かせてください。
妻は父親を亡くしているひとりっ子です。
世に言う実家依存性と思います。
私の自分の娘に会いたいと思うことを女々しいと言う妻に、
私の思いの方が一般論であることを公的に示す方法はありませんか?

例えば民法の親権で離婚していない親には自分の子供に会う権利があると記載しているなど。
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
一般的と言うのも難しいのですが
民法818条第3項に以下のような規定があります。
 「親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。
ただし、父母の一方が親権を行うことができないときは、他の一方が行う。」
 つまり、親権として定められているお子様に対する身上監護権と財産管理は共同して行うべきもので
今回の件が一方が親権を行えない場合とは言い難いでしょう。
また、今回のケースは離婚にからめば、夫婦共同義務違反や悪意の遺棄も
あり得るかもしれません。民法752条に抵触してきます。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問