JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4972
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日はお世話になりました。 また宜しくお願い致します。 先日認知調停が行われましたが 本人は認知を承諾しており

ユーザー評価:

先日はお世話になりました。
また宜しくお願い致します。
先日認知調停が行われましたが
本人は認知を承諾しておりますが
相手の両親の絶対反対により
調停不成立となりました。
引き続き強制認知をしたいところですが
認知をしてもらって後で親権を奪われる事
は絶対に嫌です。
相手との話し合いで認知なしでも養育費は支払うというとの
事なのですが。相手は今までも約束を守る
人間ではないので相手に公正証書の作成を
提案しようと思っております。
認知なしでも本人が支払うという意思があるのであれば
公正証書の作成はできるでしょうか?
養育費の請求としては成立しないのであれば
婚約不履行においての慰謝料の月払いという
事で作成できますか?
今月の15日に本人同士で又話し合うようですが
毎月の支払額の決定が認知調停不成立により
決めることができません。
相手は大学生です。収入もありません。
このような場合どうしたらよいでしょうか?
親を連帯保証人にしたいところですが
承諾するとは思えません。
前回の質問の保存がないようでしたら
また後で記載させていただきます。
お手数かけますが宜しくお願い致します
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
前のご質問もご確認致しましたが、相手の男性が信用ならないと言うことで
本来は、認知をされても良いのかもしれませんが
最終的には強制認知も視野に入れて考える必要があるかもしれません。
とりあえず、今回は、相手を信じてみると言うことでチャンスを与えるにしても
養育費の支払いの公正証書は作成されておくことです。
養育費は、認知がされなくとも誰が支払おうが構いません。
また、婚約破棄と養育費は別のもので、養育費はお子様の権利となります。
婚約破棄は別に対応しても良いでしょう。もちろん一方的な破棄であれば慰謝料も請求できます。
それと、認知もお子様の権利として、お子様が将来することも出来ます。
例えば、相手の男性が亡くなった場合も死後認知で、相続権を得ることも
可能なのです。
この権利は、実の親子である限りなくなりません。
養育費に関しては、毎月の額と支払期間を決めておく必要があります。
民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると、スムーズに作成が可能でしょう。
当然、相手の親御様に連帯保証人となっていただくことも可能です。
ただし、ご相談者様がおっしゃる通り、相手の親御様のご承諾は必要です。
とは言え、公正証書であれば、未払いがあればすぐに強制執行が可能ですので
そこまで要求しなくても良いかもしれません。
 次に、親権にも触れておきますが、親権はシングルマザーの場合、最初から母親にある訳ですが
認知したことによって、すぐに父親側に親権は生じませんので
相手方に親権を奪われることはございません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。あと少しだけ教えてください。


相手との話し合いで養育費は月に1万円しかだせない・


なぜ自分だけがお金を払わなければいけないだという事です。


民事法務専門の行政書士か弁護士に相談との事ですが


金銭的に余裕があるわけではないので


相手に納得いくように養育費の説明及び要求をするには


(学生で収入がなく親の扶養の立場にいるので家庭裁判所の


料金表を見てもわかりません)


もしリーズナブルで信用でき相談に乗って頂ける行政書士の方を


ご存知でしたら紹介して頂けないでしょうか?


回答には充分満足しておりますがもう1度よろしくお願いいたします。


 

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
養育費は、お子様の権利で、親である義務者はそれを支払わないといけません。
算定表では収入が無くても1万円程度は支払うことに出来ます。
相手が就職すれば、養育費の増額も出来ます。
養育費に関しては、相手の親の資力等は、法的には考えないことになっています。
まずは、1万円からでも、きちんと公正証書で約束させることです。
 誠に申し訳ございませんが、こちらのサイトでは、個別の案件に対する
業務のご依頼や専門家のご紹介が固く禁じられておりますのでご了承ください。
現在、士業は、自由報酬制度ですので、ネット等で検索されて
見積もりをとってみるのも良いでしょう。
電話のお問い合わせなどでだいたい様子がわかると思います。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問