JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4812
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

養育費について質問です。私は、20年ほど前に離婚しております。3人子供がおりましたが元主人の私への今で言うDV・監禁

解決済みの質問:

養育費について質問です。私は、20年ほど前に離婚しております。3人子供がおりましたが元主人の私への今で言うDV・監禁により何度か離婚を考え別居・同居を繰り返しました。結果益々エスカレートする一方で、一番下(当時0歳)の子供を連れ逃げるように実家に戻り、その後調停をしました。相手は全く離婚に応じず、残して着た二人の子供も渡してはくれず、私の連れて出た下の子を返せ!の一点張りで、不成立にて調停を終わりました。裁判に持ち込む事も考えましたが、実家は大阪、住んでいたのが愛媛で金銭的な問題もあり諦めざるおえませんでした。養育費についても後に請求できると聞いておりました。1年後、諦めたのか離婚届けを提出され離婚は出来ました。残して着た子供の事もあり、事を荒立てるのも嫌で養育費の請求もせず現在に至ります。私は再婚して子供も養女として現在大学生になります。4年ほど前に残して着た子供達と再会する事が出来、付き合えるようになりました。その子供の一人が結婚し出産したのですが、結婚生活が上手く行かず離婚したいと行って来ました。まだ生まれた子供も小さく、娘も経済力が無く、出来れば私と生活したいと言うので、現在の主人とも話し合い受け入れる様に話は進んでおりますが、私も母ですからもちろん助けてやりたいと思っております。しかし、これからしばらく経済的にもこちらが援助する事になります。元主人に怒りが込み上げ、今更ながら せめて少しでも養育費の請求が出来ないものかと考える様になりました。そのお金を離婚する娘と孫に使おうと思っております。元主人は、かなりの資産家です。だからと言って凄い金額を要求しようとも思っておりません。妥当な金額を請求できるのでしょうか?それとも今更なのでしょうか?お力お貸し下さい。       大阪府 小河
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、いろいろ複雑な内容となっているようです。
養育費の請求に関しては、基本的には時効が無いと言われていますが
未払い分請求に関しては、実務上では、家庭裁判所に調停等で請求した時点からの
支払を請求することになります。そのため、すでに成人している場合は請求は難しくなります。
成人している場合は、扶養料として請求はできますが、下のお子様は、新しい父親が出来て
養育者がいたことになるので、一般的には請求はできなくなります。
また、契約上の時効はありますので、離婚時に離婚協議書等で契約すれば5年
家庭裁判所の調停等で決めれば10年になり、既に時効とも言えます。
家庭裁判所としては、養育費の調停等の費用は数千円で弁護士の先生にご依頼する必要もないのに
申立てなかった方の責任としているのでしょう。
 それと、結婚されたお子様に関しては、離婚をするのであれば、相手のご主人様に
養育費を請求することであってご相談者様の元ご主人様への代わりの請求と言うのは
できません。
 ただ、時効は時効であって、これまでの苦労に対して責任をとって欲しいと言うことであれば
慰謝料ではなく解決金や迷惑料としての請求はしてみても良いかもしれません。
一つの方法論として、下のお子様が離婚して養子縁組されていても
実の父親である、元ご主人様のお子様ですから相続権はあります。
元ご主人様がそれをどうとらえるかわかりませんが
関わりたくなく、相続もして欲しくないと思っているのであれば
法的には、生前の遺留分放棄ができますので、放棄する代わりに解決金等を支払えと
主張してみるのもあるでしょう。
いずれにしても、内容証明で、いろいろ請求してみることです。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼して作成していただくと
相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問