JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚して親権は元妻にあります。子供は、中学1年生と小学6年生なんですが、元妻自らが自分の言うことを聞かない子供たちに

解決済みの質問:

離婚して親権は元妻にあります。子供は、中学1年生と小学6年生なんですが、元妻自らが自分の言うことを聞かない子供たちに嫌気がさして警察に連れて行き、そのまま児童相談所に子供たちは入ってしまいました。養育費を一人5万の合計10万円渡していましたが、子供たちが家に帰ってくるまで支払わないことを伝えたところ、「子供たちはいなくても、月々の歯科矯正のお金とかいろいろかかってるから支払え」という回答がきました。離婚前に、子供たちの矯正歯科のお金は支払わないと言って離婚しましたが、この場合、子供たちが児童相談所に入所して、家には不在していてい、元妻が養育しないない場合、どのくらいの金額を毎月養育費として支払えばいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それはいろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、これまでのご相談者様のお子様に対するスタンスがどうだったかが
ご不明ですが、ご相談者様は、できればお子様達と暮らしたいとかあるのでしょうか?
もしそうなら、親権者の変更等を家庭裁判所に申立てて行く方が良いでしょう。
また、養育費に関しては、確かに歯科矯正の料金は支払わないとしていたことが
あるかもしれませんが、養育費の使い方自体の指示は、義務者からは原則できません。
養育費の決め方の前提にもよりますが、年収等から算定表で決めているなら
その額の使い道は、奥様の自由と言えます。
あくまで額の問題だけで、お子様が児童相談所に行ったから減額すると言う考えでは
ありません。
養育費とは、別に歯科矯正費用を要求する場合は、特別の費用として
協議することが必要です。
養育費の中で、奥様がどう使おうがそれは問題無いことになります。
児童相談所に行っても、親権者が変わる訳ではないので、そのことをもって減額と言うのは
難しいと言えます。
むしろ、前述したように、親権者の変更を家庭裁判所に申立てて
ご相談者様が養育された方が良いように思えます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答ありがとうございます。しかしながら、上記の回答では、少しわからないところがあります。


子供が児童相談所で暮らしていて、元妻が養育していなくても養育費は払わなければならないのでしょうか?


養育費の使用内容ではなく、子供を養育していないのに養育費を支払う必要があるのかお聞きしたいです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答ありがとうございます。しかしながら、上記の回答では、少しわからないところがあります。


子供が児童相談所で暮らしていて、元妻が養育していなくても養育費は払わなければならないのでしょうか?


養育費の使用内容ではなく、子供を養育していないのに養育費を支払う必要があるのかお聞きしたいです。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
児童相談所で暮らしていると言うのが、何年もの長期に渡ると言うのであれば
監護権を放棄しているので、どうかと言うのはありますが
その場合は、親権変更すれば良いとなりますが
その詳しい状況が分からないので何とも言えない部分もあります。
仮に、元妻側が、別居している自分の両親にお子様を育ててもらうから養育費は
払わなくて良いと言うことでもありません。
状況はかなり違うかもしれませんが、そのような感じでとらえてもらうことになります。
では、妻にはやらないがその両親や児童相談所には決められた養育費を支払うのかと
言う乱暴な考え方にもなります。個々のケースごとに見ることは難しいので
親権者にとりあえず支払うと言う考え方になります。
もし、減額をしたい場合、元奥様との協議が出来ない場合は、
家庭裁判所の調停を申立てることになります。
調停委員が減額等を判断すれば、それで成立しますが、元奥様との合意がなく
一方的に支払わないのは問題かもしれません。
将来のお子様の生活のために預金していても良いのですから。
それは妻側だけでは無く、夫側が、法務局に供託すると言う手もあるかもしれません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。


 


しかしながら、下記のような回答もありますが・・・


 


http://www.justanswer.jp/family-law/84156-5.html


 


迷ってしまいます。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
いろいろお迷いはわかります。
実際には個別具体的な対応は、当然ケースバイケースになるのですが
現実には、養護施設等が養育費の支払いを求めることはありません。
東京都の専門部局に電話で確認したところ、児童相談所は税金等でそう言うことも賄っているが
場合によっては、費用の超過した部分を、親権者等に請求すると言うことで
二人分の施設の入所費用の一部を元奥様が支払うことになります。
児童相談所や施設で、養育費を預かるとかは無いと言うことです。
また、養育費の額等にも関与しないと言うことです。
そう言う意味では、養育費は、その施設での超過費用にご利用されることもあり得ます。
やはり、そのような状態で、養育費を支払わないとかどうかは、協議で決めることもできますが
家庭裁判所の調停で、個別具体的に判断してもらうことです。
 それと、追加のご質問等は、マイナス評価をせずに、返信でご質問下さい。
よろしくお願い致します。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問