JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚して30年目の58歳の妻についての相談です。以下Bは妻、Aは相談者です。・ Bは1986年からAとは別なCと

解決済みの質問:

結婚して30年目の58歳の妻についての相談です。以下Bは妻、Aは相談者です。 ・ Bは1986年からAとは別なCと同棲し、AはCと同時期にCの存在を知らずBと知り合う 結婚後17年後、以降Aは仕事上役職につき、職場の仕事上の問題、経営上の問題に大きなストレスを受ける。Aは子どもたちの養育や子どもの世話を進んで行う等、家族で大きなストレスは受けていなかったため、仕事上の様々なストレスはしだいに体調の変化をもたらした。泊まり込みの仕事が多かった5年目までに、過呼吸で救急車に運ばれる事もあった。Bは自分の健康運動師の仕事にうちこみ、通販ビジネスをはじめる。帰宅は遅く、9時以降の夕食が日常的だった。 ・ AのB役職就任時の言葉「私はいいですが、子どもがかわいそう」 ・ 2004年、鬱病が発症するもBは気づかず、同僚がAの職場での様態の悪さに直接Bに連絡する。連絡をうけたBはその日にAを職場までひきとりにくる。 その後、病院で診察を受け、(躁鬱病?)鬱病と診断される。診断の結果が出るまで、AはBの病気に気がつかなかった。 ・ Bは夫の苦境に共感し、感じることができない。心のパートナーとして存在できない。結果的にネグレクトされていた。 ・ Bのネットビジネスの失敗で100万近くのお金を損失させる ・ Bは娘の中学時の成績の不振、様々の悩みに気づかなかった。 ・ Bは成績表を親に知られたくなかった。課題、宿題、授業をさぼったことに気づかな かった。 以上のようなBの言動にA離婚を告げるが、Bは断固、拒否する。  Aは10年前に自殺も考えた際、Cという女性に助けられる。Cが現在Aの存在を支えてい る。このような状況の際、AがBと解れるのはどうすればよいのでしょう。別居は可能な状態です。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupeetontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、やはり文章と言うこともありABCの関係が分かり辛い部分もありますが
分かる範囲でご回答致します。
まず、離婚に関しては、自分達の話し合いで決める協議離婚と話し合いが出来ない場合や
離婚条件がまとまらない時に家庭裁判所の調停を申立てて離婚する離婚調停がございます。
一般的な離婚は、この2つです。裁判離婚になることはほとんどございません。
離婚理由にはいろいろございますが、裁判上の離婚理由には、不貞行為や相手の重篤な精神疾患があります。
精神疾患は、以前は厳しい条件でしたが、今は、重度のうつ病や統合失調症で離婚が
認められます。
性格の不一致等は、裁判上の離婚理由ではないので、双方が合意しないと離婚ができません。
そう言う意味では、裁判上の離婚理由が無い場合は、最大の離婚理由となる別居を
されることです。
双方に有責性が無ければ、1年も別居されれば離婚が認められる可能性が高いです。
まずは、別居して、離婚調停を家庭裁判所に申立てると良いでしょう。
家庭裁判所の調停は費用は数千円で弁護士の先生にご依頼する必要はございません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.
妻がどうしても妻の座を渡さないといきう態度をみせたらどうすればいいのですか?別居が有効ですか?
お教えください。
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問がある場合は、マイナス評価はせずに
そのまま、返信して下さい。
追加のご質問にお答え致します。
奥様が離婚したくないと言っても、夫婦関係が破綻をしてるのに
夫婦と言う状況を続けるのは不都合と言う判断を家庭裁判所はします。
よって、別居を続けることで、別居実績を作り
その後に、内容証明等で離婚要請と離婚条件提示をして
応じれば、協議離婚で離婚協議書を公正証書で作成すれば、離婚後のトラブルは防止できます。
応じない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申立てます。
別居実績があれば、離婚に導かれるでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。子どものために現在、同居していますが来年、下の子が成人になりますので別居をするという合意ができています。それまでに必要な書類や、文書類をお教えいただければ助かります。離婚要請と離婚条件は特別な書類があるのでしょうか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
別居する時にも別居条件を書いた契約書があると良いでしょう。
別居の時には、婚姻費用の請求が可能です。
また、お子様との面会交流の方法等も決められます。
私文書(自分達で決めるもの)でも構わないですが、公正証書にしておくのも手です。
離婚時には、公正証書で離婚協議書を作成した方が良いでしょう。
公正証書の方が離婚後のトラブル防止になります。
公正証書は、公証役場で作成するものですが、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に
ご依頼されるとスムーズに進むでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問