JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 976
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お忙しいところお世話になります。 さっそく質問に入らせていただきますが、私(54)はフィリピン人(34)と結婚し1

解決済みの質問:

お忙しいところお世話になります。
さっそく質問に入らせていただきますが、私(54)はフィリピン人(34)と結婚し10年になりますが、いまだ二人の間には子供がおりません。
そこで、フィリピンに住む家内の姉の子供(女、13歳)が両親の同意を得私たちの養子となることを強く希望しておりますが、実際可能なのでしょうか?
私のこの件につきましての流れとして考えたのは、その子供本人と母親(家内の姉)を私たちを訪問するというビザで来日させ私たちの生活を見て頂き納得するのであれば、養子になる手続きを日本国内で開始し同時に教育委員会に相談公立学校への通学を開始したいと思います。
もちろん初めは、言葉の問題がありますので本人もたいへんだと思いますが、できることならば大学教育まで受けさせてあげたいと思います。
大雑把には、このような相談のですが専門のかたの的確な回答をお待ちしております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
外国人と養子縁組をする際には、基本的には養親となる者の本国法、つまり
日本法を基準に手続きを行うことになります。
但し、これに加えて養子の保護に関する規定が養子となる者の本国法、
つまりフィリピン法の条件を満たす必要があります。

フィリピン法では、養子縁組に際して裁判所の許可が必要と定められていますが、
この判断を日本の裁判所にしてもらうことも可能です。
時間と手間はかかりますが、養子縁組を行うこと自体は、真摯に養子縁組を
双方が望まれていて、家族として暮らしていくのに困らない環境を整えられる
のであれば、認められる可能性は十分にあるでしょう。

しかし、一番の問題はビザです。日本人の子どもや配偶者に対してはビザが
認められますが、ここでいう日本人の子供というのは日本人の実子をいい、
養子は含まれないためです。認められるとすれば、定住者の在留資格が
与えられることになりますが、一般的この在留資格が与えられるための
要件としては、養子の年齢が5歳以下とされています。
(この場合であっても、認められるとは限りません)

このため、定住者の在留資格で呼び寄せをすることはできないため、短期
滞在などの形で来日した上で、『人道的見地』を理由として、ビザが受けら
れるかどうか、ということになります。

養子のご両親が障害者で養育が困難な状況にある場合のように、
ご質問者様夫婦に子供がいないというだけではなく(もちろんこれも大きな
プラス要素ではあるのですが)、ああ、そんな特別な事情があったのですか、
と、思わず声を出してしまうような材料がない限りは厳しいものと考えます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


ただ、私の質問の仕方がうまくなかったのか、今一つわかりにくいところがありますので質問の仕方を少し変えて見ます。


短期のビザで来日し、その後公立の中学に入学し、それと同時期に養子縁組を申請したいと思うのですが、その際に養子の本国(フィリピン)の裁判所の許可は絶対条件ではないと(なくても可能)と解釈してよろしいのでしょうか?


日本国内の裁判所は、フィリピン裁判所が許可した書類なしでも養子の申請を、その他の私どもが準備した書類がそれに代わるものがあれば受理してくれると解釈してよろしいのでしょうか?


その後私どもは、養子が人道的な見地から日本で生活できる資格を得るために交渉を重ねるつもりであります。


私たち夫婦は、現在養子になるこどもの過程が貧困を極め生活していくことや通学することが困難であることもその理由の一つにするつもりであります。


よろしくご返答をお待ちしております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

さっそく質問に入らせていただきますが、私(54)はフィリピン人(34)と結婚し10年になりますが、いまだ二人の間には子供がおりません。
そこで、フィリピンに住む家内の姉の子供(女、13歳)が両親の同意を得私たちの養子となることを強く希望しておりますが、実際可能なのでしょうか?
私のこの件につきましての流れとして考えたのは、その子供本人と母親(家内の姉)を私たちを訪問するというビザで来日させ私たちの生活を見て頂き納得するのであれば、養子になる手続きを開始し同時に教育委員会に相談公立学校への通学を開始したいと思います。
もちろん初めは、言葉の問題がありますので本人もたいへんだと思いますが、 できることならば大学教育まで受けさせてあげたいと思います。
大雑把には、このような相談のですが専門のかたの的確な回答をお待ちしております。

本人及び本人の家族と定期的に文通、電話連絡をしております。
来月、私たち夫婦でフィリピンに行き本人や家族に会う予定でおります。
私が、特に詳しく知りたいのは、この養子にする手続きは日本国内のみで完了することができるのでしょうか?現地フィリピンでの許可は必要にはならないのでしょうか?
日本国内のみの手続きで完了できますか?
また、私たちを訪問するビザは問題なく発給されるのでしょうか(申請より発給までの時間はどのくらいかかるのでしょうか?そのあたりの実務に関し詳しく教えて下さい。
先 月、フィリピンに出向きインタ-ネットで知りえた現地の業者に相談したところ養子縁組を現地の裁判所で認められることは、非常に厳しい条件があり、私たち夫婦が最低でも4回は現地の裁判所に出廷する必要があり、多額の費用と時間を要するといった説明を聞きました。そこで私たちは、本当にこのような困難な手続きが必要なのかという疑問がわきました。
日本国内の手続きでは、認められないのでしょうか?
短期のビザで来日し、その後公立の中学に入学し、それと同時期に養子縁組を申請したいと思うのですが、その際に養子の本国(フィリピン)の裁判所の許可は絶対条件ではないと(なくても可能)と解釈してよろしいのでしょうか?
日本国内の裁判所は、フィリピン裁判所が許可した書類なしでも養子の申請を、その他の私どもが準備した書類がそれに代わるものがあれば受理してくれると解釈してよろしいのでしょうか?
その後私どもは、養子が人道的な見地から日本で生活できる資格を得るために交渉を重ねるつもりであります。
私たち夫婦は、現在養子になるこどもの過程が貧困を極め生活していくことや通学することが困難であることもその理由の一つにするつもりであります。
よろしくご返答をお待ちしております。
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.

短期のビザで来日し、その後公立の中学に入学し、それと同時期に養子縁組を申請したいと思うのですが、その際に養子の本国(フィリピン)の裁判所の許可は絶対条件ではないと(なくても可能)と解釈してよろしいのでしょうか?
日本国内の裁判所は、フィリピン裁判所が許可した書類なしでも養子の申請を、その他の私どもが準備した書類がそれに代わるものがあれば受理してくれると解釈してよろしいのでしょうか?


その通りです。実際に多いケースとしては、フィリピン人の奥さんが再婚で連れ子が
いらっしゃるケースで、その子どもと養子縁組をする申請については、日本の裁判所
限りの判断によって、養子縁組が実際に認められているケースがあります。
ただ、今回の場合の障害は、実子ではないことや平行してビザの問題が有り、
許可が出る前に滞在期限が経過し、帰国してしまわなくてはならなくなる可能性
など、裁量と時間の両面の問題が有ります。
連れ子を養子縁組したいケースと、親族とはいえ、他人の子供を養子縁組する
ケースとでは、どの程度慎重に許可をするべきか、という判断基準に差異をつけて
判断されることは考えられますし、審査途中で帰国を余儀なくされ、結果、裁判所の
判断が困難であるなどの理由で、フィリピンの裁判所で許可を受けるように言われる
可能性は考えられるでしょう。

親族訪問のビザ申請に必要な書類は次のとおりです。
1.パスポート
2.ビザ申請書
3.写真(4.5mm×4.5mm)
4.親族関係を証明できる出生証明書
 (本人、配偶者、配偶者の妹の3名分必要になります)
5.招へい理由書
6.ご質問者様の戸籍謄本
7.ご質問者様夫婦の住民票
8.ご質問者様の配偶者の在留カード(外国人登録証)のコピー(両面)
9.身元保証書
10.(滞在費用の負担能力を証明するために)
 所得証明書、総所得額の記載のある納税証明書、確定申告書、預金残高証明書
 のいずれか。
などが必要です。なお、個別の案件によって、追加書類が求められる場合があります。

申請は、現在大使館に直接行うことはできず、代理申請機関を通して行うことに
なっています。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/new%20visa/list%20of%20accredited%20agency.htm


審査期間は最短で休日を除く5日間ですが、申請内容や繁忙期等によっても変動します。

提出書類についての解説が大使館のWebページに掲載が有りますので
ご紹介いたします。
http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/new%20visa/explain.htm

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


最後の質問となりますので、お答えください。


来日後、本人が公立中学に入学できますか?


あるところの話では、ビザが切れてしまっても学校に通学している生徒は本国への送還を免れることができるから、その間に養子縁組の話を裁判所で進めたらどうかと言われたのですが、実際のところ有効な手段であるのかお答え願います。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
入学については、たとえ在留資格がない場合であっても認めていますので
可能です。
しかし、短期滞在で住民票がないことや、養子縁組前では、国内に両親が
いないことなど、イレギュラーな点が多いため、自治体にもよるでしょうが、
事務手続きでの混乱は予想されます。

なお、通学しているから強制送還の対象にならないということはありません。
houmuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問