JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mori-homeに今すぐ質問する
mori-home
mori-home, 行政書士・個人情報保護士・成年後見人・申請取次行政書士・著作権相談員
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 48
経験:  埼玉県立川越高等学校卒業駒澤大学法学部法律学科卒業行政書士登録東京大学 後見人養成講座 在籍
76122091
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
mori-homeがオンラインで質問受付中

母の遺産相続で団地一室(持ち家)があります。足の悪い父を一人にさせられないので実家には長女の私が戻りましたが

解決済みの質問:

母の遺産相続で団地一室(持ち家)があります。 足の悪い父を一人にさせられないので実家には長女の私が戻りましたが 妹が外でアパートを借りて暮らしています。 月々の家賃を少しでも払ってもらえないかと父づてに聞かされていますが 元々、母の遺産の現金は自営廃業やらのときに使い果たした私には 現在のワーキングプア状態では支援金を出すことすらままならず それでも父は妹が可愛そうだと仲介役をし 生命保険やらを解約してでもお金を作らなければならなくなりました。 持ち家の権利を半分保有しているということも放棄すると話したのですが 今現在の目の前にある生活費ということらしいです。 こちらも40肩を発症して病院費に余分な出費がかかるようになったのに 遺産をまだがっちり持っている妹に、こんな状態の自分が毎月いくらかでも支払わなきゃならないという話がどうしても受け止めきれないので 専門家の目線でのお話が伺いたいです。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.
私は埼玉県で行政書士をしている者です。

専門は民亊法務で、予防法務という、紛争を未然に防ぐ業務を中心に行っております。

ご質問者様におかれましては、非常に大変な状況であることが推察でき、少しでもお役に立ちたいです。

私の母もまだ50歳ですが、難病にかかり、杖をついて日々病気と闘っております。

今回は報酬はいりませんので、お話だけ聞いて下さい。それが私にとっても幸せなことです。

法律のカテゴリーでご質問なされているので、法律的にアドバイスということですね。

法律的には、妹さんを支援しなくてはならないケースで、根拠となるのは、民法の定める扶養義務です。

扶養義務は、配偶者、直系血族、兄弟姉妹の場合に発生します。

そして、家庭裁判所に対して審判の申し立てをすると、三親等内の親族にまで扶養義務が及ぶことがあります。

しかし、ここで着目したいのが、扶養の程度です。

一般に、扶養義務の程度は、自己と同等程度の生活をさせる義務ですので、もし、妹さんが、ご質問者様やお父様よりも贅沢な生活をしているのであれば、むしろ、妹さんに対して、扶養を請求することができます。

また、この扶養の給付の請求の方法は特に定めがないので、持ち家の権利を半分放棄する(不動産所有権を給付する方法)でもまったく問題ありません。

そのほかにも、動産(貴金属や食料など)を給付する方法でも問題ありません。

どうか、お父様をいたわり、ご質問者様ご自身もご自愛くださいますようにお願い申し上げます。

mori-homeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。


扶養義務ということなので自分なりに考えてみました。


妹は贅沢をしているわけではないと思います。


多額の現金を例えば貯蓄型の保険やらに回し


将来に備えてのものも「正規雇用」で従事しているので万全でしょう。


「非正規雇用」の自分が貯蓄も何もなく将来に備えたものも解約してまで


今、しなくちゃならないのかと憤りを感じます。


コレ以上金銭の話をたったひとりの妹から「父づてに」聞くのが嫌なので


お話頂いた内容を心に留め置き、


今以上に家族関係が金銭関係で崩れてしまわないよう


方法を考えようと思います。


いつか年老いた私が貯蓄もなく苦しんだ時は請求すればいいのだと思うほうが今の私の気持ちが救われるよう祈ります。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問