JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

知的障害のある妹の成年後見人について相談に乗ってください。 私が5歳、妹が0歳の時に両親が離婚。 私は父に、

質問者の質問

知的障害のある妹の成年後見人について相談に乗ってください。

私が5歳、妹が0歳の時に両親が離婚。
私は父に、妹は母に引き取られ、以後、ほとんど接触することなく
暮らして来ました。
去年の1月、知的障害のある妹に成年後見人をつけたいということで
家庭裁判所から連絡があり、30年ぶりに母に再会しました。
(お互い居所がわからなくなっていて、ずっと連絡が取れなかったのです)
しかし再会して2度会った後、母はくも膜下出血で倒れ、意識が戻る
ことなく、3か月後に亡くなりました。
他に血縁者がいなかったため、母の看病からお金の管理まで、すべて
私がやってくれと周囲から言われ、結局看取ったのも、喪主も、
母の家の後片付けも、すべて私1人でやりました。

で、妹の成年後見人なのですが、去年2月に決定して、母が倒れた時は
もう後見人として活動をしていました。
いわゆる資格を持った本業の成年後見人です。
母が入院中はよく連絡を取って、法的なことのアドバイスなども
してもらっていたし、母のお金の使い道なども話していました。
(母の口座から入院費その他を払っていました)

そして母が亡くなった日、母が遺言状を残していなかったとわかると
後見人は「母の遺したお金は、すべて妹に譲って欲しい」と言いました。
障害者年金しか収入のない妹はお金に余裕がないので、将来の事を
考えると少しでも余裕があった方がいいと言うのです。
私は、母の看病にかかった3ヵ月分の経費をもらえたら、後は譲っても
いいと思ってますよと答えました。

ところがその2日後、葬儀代と入院費の清算のためにお金を降ろそうと
銀行へ行ったら、母の口座が凍結されているのです。
凍結させたのは後見人でした。
そしてそれ以降、彼女とは一切連絡が取れなくなりました。
それも私とだけ連絡が取れないのです。
電話は一切出ない、伝言を残してもメールしても返信が来ない、
彼女の所属するNPO団体に伝言を頼んでもスルー。
思い余って、彼女を選定した家庭裁判所に電話して書記官に連絡して
もらったのですが2度頼んで2度ともスルーでした。

大きな支払いがだいたい終わったので、残ったお金の事について話し合い
たいと何度も申し出ているのに、母が亡くなって8ヵ月、成年後見人とは
一切話が出来ない状態のまま現在に至ります。

ところが先日、妹の入居している福祉施設のスタッフに、成年後見人が
弁護士を立てたと言われ、非常に驚きました。
現在は母の資産を洗い出しているところで、それが終わったら先方から
連絡があるだろうと。
スタッフも、私がそれを知らなかったことに驚いていました。
ほどなく、弁護士事務所からその旨を知らせる手紙が来ました。

お金の事ですから、間に専門の方が入るのは悪いことではないと思う
のですが、この成年後見人のやり方にはどうにも納得が行きません。
そもそも弁護士を立てる必要があるのでしょうか?
まずは私と成年後見人が話し合って、その上で決着がつかないなら
弁護士というならわかるのですが…
第一、その弁護士費用はどこから出ているのかも疑問です。
余裕のないはずの妹の障害者年金から捻出しているのでしょうか?

私も、妹にはなるべく多くのお金を渡したいと思っています。
そういう意味では成年後見人と対立しないはずなのに、なぜ話もできず
いきなり弁護士なのか理解に苦しんでいます。
こういう場合、どう対応していくべきでしょうか?

私はあの成年後見人の行動が信用できないので、出来れば解任したい
のですが、1度つけてしまったらそれは難しいと聞きました。
こちらが納得できない人でも、よほどの理由がないと変えられない
ものなのでしょうか?
また、むこうの弁護士がどう言ってくるかわかりませんが、こちらも
弁護士を頼んだ方がいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
成年後見人もしております。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、確かに、成年後見制度は運用が始まって10年が過ぎようとしていますが
まだまだ、問題点が多い制度と言われています。
お話のような法律の専門家による専門職後見人の横領などの不正が多い状況もあります。
そもそも、成年後見人制度は、相続人やご親族様のためのものでは無く
被後見人のためのものではありますが、施設等に被後見人が入っていれば
成年後見人は、大した仕事をしている訳でもなく、報酬額で年間で30万円以上も資産を食いものにしているのでは
無いかとも、ご親族様等にしては、ご納得がいかないことも多いようです。
ただ、それは資産がある方の場合の問題点です。資産が無ければ報酬額は減ります。
とは言え、家庭裁判所は、その問題点を改善することは、制度として政治が動かない限り
無理と言う状況です。
お話の専門職後見人も、妹様に資産が無ければただ働きの可能性があったのです。
そのための相続財産を譲渡して欲しいと言うことを言って来たのでしょう。
本来は、成年後見人が相続人にいる場合は、家庭裁判所は、法定相続割合になるよう
遺産分割協議を要求してきます。
もちろん、被成年後見人の相続割合が増えるのは歓迎されますが、それを割るのは
問題視されます。
今回のケースも、心情的にはわかりますが、法定相続割合であれば、何ら問題はありません。
その弁護士の先生に対しても、法定相続を主張しましょう。
障害者年金しかないのは、社会システムなので仕方が無いことかもしれません。
ただ、資産がなければ、本来は、生活保護が受けられ、それなりに不自由はしないものです。
相続財産が無くなれば、生活保護を受給するようにされると良いのです。
その辺りの、成年後見人にやり方は、どうも疑問に思えます。
苦情を言って家庭裁判所から注意をしてもらう手もござますが
一度、解任されると二度と後見人の推薦を受けられないので、それを交渉材料にしても
良いかもしれません。
とりあえずは、相続では法定相続割合を主張されると良いです。
また、亡くなられたお母様の遺言等で遺言執行者でもなっていないと
本来は、専門家は動けませんが、妹様の代理人と言うことで動いているのでしょう。
死亡届を出せば、銀行は預金を凍結しますが、あくまでもご相談者様との共有財産と
言う状態ではあります。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

supertonton様


大変わかりやすい解説をありがとうございました!


 


成年後見人を解任するのにはどうしたらいいのでしょうか?


家庭裁判所に申し立てをするのでしょうか?


上記のような理由では解任は難しいですか?


財産分配がうまくいったとしても、もうあの人には不信感しかなくて、わずかといえども妹のお金の管理など、今後も任せて大丈夫なの?とまで思えてしまいます。


 


元々後見人には母の再婚相手のお義姉さんがなるという話があったそうです。


とてもしっかりした良い方で、妹のことも子供のころから可愛がってくれていました。


しかし年齢的な事で母が頑なに反対し、若い人がいいと、今の後見人になったそうです。


お義姉さんだったら、もし後見人が続けられなくなっても、その時点で私が引き継ぐなりできたのに。


余計な面倒を残していった母がちょっぴり恨めしいです。


 


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
確かに、成年後見人になる方が、先に病気や介護や亡くなったりしては意味がないので
ある程度の高齢の方にお願いするのは難しいかもしれません。
成年後見人の解任は、成年後見人に余程の落ち度が無いと難しいと言われています。
とりあえずは、家庭裁判所に解任の申立はされても良いでしょう。
基本的には、却下の可能性が高いですが、家庭裁判所としては、意識はするでしょう。
他のご親族様からも別に出していただければ、そう言うのが続けば家庭裁判所も
考えるかもしれません。親族全員が解任を求めれば動くかもしれません。
 もう一つは、正当な理由があれば、辞任もできますので
その成年後見人の方にご親族様全員から辞任を促す内容証明を送ってみてはどうでしょうか。
場合によっては、ご親族様との関係が嫌になって辞任される場合もあるかもしれません。
 それと、後見人は複数人でも構わないので、ご相談者様が追加で成年後見人と
なるでも良いかもしれません。
その場合は、家庭裁判所にご相談されてみて下さい。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問