JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

愛人との間に子供(娘)ができ、認知しようと思っているのですが、この機会に彼女の連れ子(娘1人)も、私の養子にしようか

解決済みの質問:

愛人との間に子供(娘)ができ、認知しようと思っているのですが、この機会に彼女の連れ子(娘1人)も、私の養子にしようかと思っています。当然、戸籍に乗ることになるのですが、この二人の娘のことを戸籍の記載の上で何とか隠す方法はないでしょうか? 今現在の私の正妻、子供たちには、いずれ話すつもりです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それはいろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、愛人との間にお子様がいらっしゃることで、何もしなければ
戸籍に残ることはありませんが、その子を認知した場合は、戸籍に認知したことが残ります。
認知した場合、養育費の支払い義務や相続権がお子様にできますが
問題はないでしょうか?
仮に、そのお子様に養育費を支払いたいのであれば、別に戸籍に入れなくとも支払いはされて
構いません。
また、ご相談者様に万が一のことがあり、相続が発生しても、遺言があれば、そのお子様に
財産を譲れます。
それと、死後認知も可能なので、実のお子様としての相続権も後で主張はできます。
 連れ子のお子様に関しては、養子縁組すれば、当然、戸籍に入りますし
苗字が、その愛人の女性から、ご相談者様の苗字になります。
養子の場合は、死後養子はないので、遺言で相続することを書いておくと良いでしょう。
よって、いずれも、アクションを起こせば、戸籍に載ることになります。
当然、事実をご相談者様の奥様やお子様達に話せば、大反対でしょう。
死ぬまで隠しておく覚悟が必要かもしれません。
転籍と言う方法もありますが、転籍した事実が残り、奥様もお子様も自由に
それを取ることができますので、発覚は時間の問題です。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問