JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2227
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

殆ど生活費を入れようとせず、認知症の両親の介護が大変になってきた今、家事等も非協力的な夫に嫌気がさして離婚を考えてい

解決済みの質問:

殆ど生活費を入れようとせず、認知症の両親の介護が大変になってきた今、家事等も非協力的な夫に嫌気がさして離婚を考えているところですが、この場合「悪意の遺棄」として離婚請求はできるでしょうか?
 私に所得があると無理ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


たとえ同居していても、配偶者としての扱いをせずほとんど生活費を入れない状態が続いているならば「悪意の遺棄」としての離婚請求は可能です。配偶者に所得があるかどうかは問題にはならないでしょう。また、夫婦はお互いに協力、扶助しなければならないにもかかわらず、親の介護、家事等の協力をしないのであれば「婚姻を継続しがたい重大な事由」としての離婚請求も可能と考えられます。

ただし、いきなり裁判はできません。家庭裁判所において離婚調停を申し立てなければなりません(調停前置主義)。
調停でも離婚の話し合いが成立しなければ、裁判によって離婚を請求していくことになります。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問