JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

家の社員が、前妻と離婚致しまして、月々の養育費として五万円支払っていくとのことで、証書に捺印したんですが実際の支払は

解決済みの質問:

家の社員が、前妻と離婚致しまして、月々の養育費として五万円支払っていくとのことで、証書に捺印したんですが実際の支払は途中までは支払を済ませていたのですが、固定給ではないため月々によっては金額がもちろん減ることもあります。そこで本人は裁判所の方へ減額通知をしようと考えている最中に、現在交際中の彼女が身ごもっていて来月出産とのことです。
現在、車のローン・燃料・携帯・保険・食費等などを含め月に13万~15万出費の中、平均給料が20万から多いときで(残業含む)25万の給料です。
月々決まった支払いもあるとは思いますが車などボーナス払い等、まばらに出費の方も多いようなんです。
来月、子供が生まれてくればなお更、5万の養育費は無理だと私も考えております。
ただ、養育費をゼロにはできなくても1万~2万ならやっていけると思うのですが
前妻は先に裁判所へ行ったらしく会社からの給料差引を裁判所の方へ手続きしたらしく、私 社長宅に裁判所から通知が届きました。
本人も承知の事ですが、実際問題どこまで減額が通ると思われますか。
過去の事例などありましたらアドバイス頂きたいのですが、宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

回答のために確認させてください。

養育費を支払っている社員の年収はいくらでしょうか?

また、前妻の年収は分かりますか?

前妻との間の子どもは一人ですか?

以上の情報を教えて頂けると助かります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります、現在約280万ぐらいです。前妻はパートなので恐らく100万ぐらいだと思います。但し親と同居で子供は一人です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
養育費を支払う義務者の生活状況や経済状況が変化した場合に、以前に取り決められた養育費の額を減額することが可能です。

家庭裁判所の養育費算定表を基に養育費の額が定められることになります。

社員さんは、養育費を支払っているお子さんの他に、今度産まれてくるお子さんを扶養しなければなりませんので、扶養義務者が合計で2人になります。

そうすると、一人あたりの養育費は1万円から2万円となります。

つまり、かなり減額できることになります。もちろん必ず上記の金額になるわけではありませんが、それに近い金額になるでしょう。減額を求めるために家庭裁判所に養育費の減額請求の調停を申し立てることをお勧めします。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問