JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

昔、付き合っていた彼女との間に子供ができたようです。 彼女はいずれ教えるといいながらも証拠は教えてくれませんでした

解決済みの質問:

昔、付き合っていた彼女との間に子供ができたようです。
彼女はいずれ教えるといいながらも証拠は教えてくれませんでした。

その後、私が子供をおろしてくれと心無いことを言ってしまったために、彼女は怒り連絡
もとれなくなってしまいました。
彼女は最後に一方的に、「子どもは1人で育てる、生んだら養育費を請求する」と言い残しました。

彼女は以前、おろすことについても選択肢として言及していましたし、
わたしも選択肢の1つを述べただけで、彼女が望むなら一緒に育てる気持ちはあるし、
その意思はメールで何度も伝えてきました。

この場合、仮に私の子どもであった場合に、わたしにはどの程度の過失があり、どの程度の
養育費を請求されるのでしょうか。

なお、私と彼女はどちらも現在は年収500万ほどです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

>この場合、仮に私の子どもであった場合に、わたしにはどの程度の過失があり、どの程度の養育費を請求されるのでしょうか。
→仮に本当に質問者様の子供であるならば、その子供を認知し、養育費を支払わなければなりません。その場合過失ということは関係なく親であることの当然の義務となります。
そうなると、養育費の額がいくらになるか、という問題になりますが、基本的に養育費は当事者同士で話し合って決めるものです。
お互いの話し合いで決まらなければ、家庭裁判所に養育費分担請求の調停を申し立てることになります。家庭裁判所では「養育費算定表」というものに基づいて額が決められます。お互いの年収を考慮して定められ、この範囲の額で決めれられることになるでしょう。お互いの年収が500万円であれば、養育費は月々2万円から4万円ということになります。

参考:養育費算定表  http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf


質問者: 返答済み 3 年 前.

私には彼女と一緒に育てていきたい意思があるのに、彼女は一方的に拒否した上で、自分1人で産み養育費をもらうことを請求してきています。


 


その点について、養育費の額には影響しないのでしょうか?


わたしの親権についてはどうなるのでしょうか?


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>私には彼女と一緒に育てていきたい意思があるのに、彼女は一方的に拒否した上で、自分1人で産み養育費をもらうことを請求してきています。その点について、養育費の額には影響しないのでしょうか?
→それはありません。養育費は相手のためのものではなく、子供のためのものです。子供が産まれてきたならば当然支払う責任となります。一緒に育てていくかどうかとはまた別の話です。

>わたしの親権についてはどうなるのでしょうか?
→質問者様が認知した場合は、一方の親(彼女)と話し合って親権者を定めることができます。
話し合いで決めることができなければ、家庭裁判所に親権者の定めの調停を申し立てることになります。そこで調停委員を交えて親権者を決めていくことになります。




shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問