JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

去年、私は初婚で夫は再婚で結婚したのですが夫には高校生と専門学校に通っている子供が二人います。 親権は前妻で、子供

解決済みの質問:

去年、私は初婚で夫は再婚で結婚したのですが夫には高校生と専門学校に通っている子供が二人います。
親権は前妻で、子供はどちらの姓を選んでいるのはわかりません。
養育費も払っていました。
私は結婚前にそこそこのお金を貯めていたのですが夫は貯金がありません。
万が一、夫が亡くなった場合貯金や、生命保険、財産は子供たちに分けられてしまうのでしょうか?
よろしくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

もし御主人が亡くなった場合、その遺産は配偶者(ご質問者様)1/2、子1/2(何人かいる場合は按分)の割合で相続されます。

また、ご主人が遺言を書くことでこの割合は変更できます。
例えば、全財産をご質問者様に相続させるといった遺言書を作成してもらうことで、全てご質問者様が相続することも可能です。

最後に、生命保険だけは取扱いが別で、死亡保険金の受取人が誰になっているかで決まります。受取人がご質問者様であれば全額受け取り可能ですが、ご主人本人や相続人となっていた場合は、上記の割合で相続人で分けることになります。


専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
質問に対し、明確な回答(前妻の子に相続取分があるか否か)をしたにも関わらず、マイナス評価を受けましたので、私は回答権を放棄致します。

次の専門家が回答するまでお待ちください。

※ただし、次の専門家があなたの希望した回答をする保証はございませんのでその旨はご了承ください。
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
先の専門家の先生が、丁寧にご回答されていますので
他に詳しく説明が必要な問題点があれば、返信でそのまま追加のご質問をされて下さい。
場合によっては、私の方で引き続き適切なアドバイスができるかもしれません。
お手数ですがよろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 3 年 前.

私は結婚前にそこそこのお金を貯めていたのですが夫は貯金がありません。


万が一、夫が亡くなった場合私の貯な金は子供に分配されてしまうのでしょうか?


これから二人で貯めた貯金も、持っていかれるのは納得いきません。


私も働いてため一緒にためてはいますが銀行の口座名義は私になっています。名義は関係ないのでしょうか?


質問がうまく伝わらなくて申し訳ありませんでした

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問に対してわかる範囲でご回答致します。
離婚の時の財産分与請求権と相続の時の相続権の話が混同されているようです。
相続の場合は、もともと、ご主人様が持っている財産のみの相続になり
財産分与としての共有財産と言う考えはありません。
よって、前述されている専門家の先生のご指摘通りでよく
本人名義の預貯金等がないなら、何も相続財産が無いということになります。
それに対して、亡くなる前に、離婚をして、財産分与が決まっていない場合
ご主人様のお子様達は、財産分与請求権の相続もしますので
ご相談者様に対して、婚姻中に形成された財産は、どちらの名義でも共有財産に
なるので、その半分を請求できることになります。
ただ、共有財産の考え方は、婚姻中に形成された財産に限りますので
婚姻前のご相談者様の固有の財産は、共有財産には含まれません。
これまでの、ご相談者様の財産が侵されることはありませんが
逆に、ご相談者様が先に亡くなると、ご相談者様の親族の構成にもよりますが
ご主人様に半分以上の財産は相続されるので、いずれは、お子様達にご相談者様の
財産が渡っていくことも考えられます。
それと、お子様達の苗字が、ご主人様のままかどうかは、戸籍を見ればわかります。
離婚後のお子様の苗字は、親権者に関係なく、戸籍の筆頭者(多分ここではご主人様)に
なります。
ご主人様から、戸籍を抜いて奥様にすることは簡単にできますので
すでに、戸籍は奥様側かもしれません。
ご主人様の相続では、ご相談者様の固有の財産が、相手のお子様に取られることはありませんので
ご安心ください。
supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4625
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問