JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

携帯メールで求婚したのですが、その後電話やメールでのやりとりをしてるうちに性格的にあわないと感じ交際をやめたいと言っ

解決済みの質問:

携帯メールで求婚したのですが、その後電話やメールでのやりとりをしてるうちに性格的にあわないと感じ交際をやめたいと言ったら婚約不履行と言われました。法律上、不履行にあたると思いますが。賠償金や示談の方法を教えていただけないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

確認させてください。

携帯で婚約したということですが、相手とは実際に会ったことはないのですか?

また、婚約したということは、質問者様や相手の親や友人には知られているのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

求婚前の約二年前にあってからは会っていません。メールと電話のやりとりです。相手の親や兄弟には知られています。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
原則として、婚約は口約束でも成立はします。

しかし、その婚約が誠心誠意本気のものかどうかは、客観的に判断されるものであるべきです。

二年も会ってない人との婚約が誠心誠意なものであるかどうかは疑問がありますね。
継続して性関係を持っていたり、婚約したあとに2人のこれからの住まいを実際に探していたり、女性が仕事を辞めたりと生活環境を変えたりしていた場合は、その婚約が誠心誠意のものであると判断されます。
また、親や友人、職場の人にも2人が婚約していることを明らかにしていれば、本気度は高いと言えますが、二年も会ってない、継続して性関係を持ってない、婚約により新たな生活環境を構築し始めている、という状況でなければ、婚約破棄とはならないと考えられます。
したがって、慰謝料の支払いも不要と考えられます。

ただ、質問者様が相手に支払いたいと考えておられるならば、支払うことは構いません。自分の妥当だと思う金額を払えばいいのです。

私としては、支払いを拒否しても構わないと考えます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。私の回答がおかしかったかもしれませんが。相手は法律事務所等に相談しており、いつでも済ませられると言ってました。相手は二年ほど前から無職との事です。お互いの住所、本名は知らなく年齢は私のしか知らない状況です。また私の勤務先は知られております。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
法律事務所に相談している、という主張も怪しいものです。だいたいそう言う人は相談していないことがほとんどです。いつでも請求できるのであればとっくにしているはずです。

だいたい、お互いの名前すら知らない、住んでいる所も知らない者同志の婚約が誠心誠意のものと判断することのほうが難しいです。

そのような状況での婚約は成立していない、と考えるのが普通です。

慰謝料を請求したいのであれば、勝手にしてもらいましょう。拒否し続ければいいだけです。


質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。相談していないものでしょうか?一応、私の今後


の対応しだい、みたいな感じでした、法律の専門家はどんどん動いているとの事でしたが・・・

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
相手が弁護士に依頼してるなら、弁護士から請求がきますよ。
それに、今回のケースでは判例と照らし合わせても婚約破棄にはあたらないと考えられますので、慰謝料の支払いは拒否してください。

もし、実際に弁護士から請求がきたら、質問者様も弁護士に相談して対応してもらう、ということでも遅くはありません。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問