JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして 去年6月に 元嫁が子供が要らないということで 離婚に合意し別れました ですが 最近の話によると今

質問者の質問

はじめまして
去年6月に 元嫁が子供が要らないということで
離婚に合意し別れました
ですが 最近の話によると今年の7月に出産予定で
12月か1月に いわいる できちゃった再婚をしたことがわかりました。
子供が欲しいというのは 婚姻中に2年以上かけて話してきただけに
非常に精神的なショックを受けました。
こういう場合は慰謝料請求できるのでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


慰謝料請求は難しいでしょう。

婚姻中に不倫をして子どもができていたことが分かった場合は不法行為として請求できますが、離婚してからは全くの他人になってしまいます。

したがって、相手が離婚後にどういう行動をとったとしても、不法行為となることはありません。

よって残念ながら慰謝料請求は難しいということになります。


shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

詐欺では無理ですか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
詐欺罪が成立するためには、
①行為者に欺罔行為又は詐欺行為があること
②相手方が錯誤に陥ること
③相手方が、その錯誤に基づいて財物ないし財産上の利益を処分すること
④財物又は財産上の利益が行為者ないし第三者に移転すること

が法律上の要件として必要になります。

今回のケースでは、3、4にあたる財産上の損失がありませんので、残念ながら詐欺には該当しません。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問