JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の妻が突然置手紙して出て行きました、私のDVが原因だと書かれていました。警察に捜索願いを出したところ、DVシェルタ

質問者の質問

私の妻が突然置手紙して出て行きました、私のDVが原因だと書かれていました。警察に捜索願いを出したところ、DVシェルタ-に居るようなニュアンスデ不受理と言われ、連絡を待つよう言われまし。又その前に市役所に離婚の不受理手続きを済ませています。私としては本当に妻を愛しています。離婚はしたくないのですが、調停、裁判で離婚不受理手続きはどのようにされるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お辛い状況だと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話しから、警察の方が、そのようなことを言われるとなるとDVシェルターにいる可能性もございます。
DVシェルターは、どこにあるかは、弁護士の先生を雇っても教えられないことになっています。
そうなると、多分、奥様が家庭裁判所の離婚調停等の申立をして、呼び出しがある可能性があります。
実際問題は、ご相談者様をわざと怒らせるとありますが、暴力(DV)はあったのでしょうか?
DVや痴漢やストーカーは、女性側に有利に働くので、きちんとしたDVのない証明をしないといけません。
「離婚届の不受理の届」を出されているのであれば、調停で、ご相談者様が離婚に応じなければ
離婚は難しいと言えますが、多分今後、別居実績を作っての対応に奥様はなってくると思います。
DVは裁判上では、婚姻を継続し難い重大な事由にあたるので、DVが日常的に行われて
いると、離婚を認められる可能性があります。
そうでなければ、例えば1度だけとかだと簡単には離婚を認められることはありません。
とは言え、女性が、そこまで離婚したがると言うことは、修復はかなり難しいので
如何に、有利に離婚するかを考えるのも手かもしれません。
浮気の疑いがあれば、DVシェルターは、だいたい民間でやっていて、有料なので
ずっといる訳にも行きませんから
浮気相手のところに行く可能性もありますので、しばらくしたら探偵事務所にご依頼して
奥様の身辺調査をされても良いかもしれません。
奥様が浮気をしていれば、有責配偶者からの離婚要請はできません。
修復をどうしてもされたい場合は、家庭裁判所の調停は、修復のための円満調停もございますので
そちらを申立てても良いでしょう。
家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
協議がまとまるなら、「夫婦関係調整の公正証書」を作成する手もございます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.


今日は、回答を拝見させていたしました。


DVについてですが、出て行く1~2週間ぐらい妻の乳首を思いっきりねずみました。何故かといいますと、わざととのようにゆっくり行動し、見かねた私が早くしないかといそがせました。ベットにいってもよそよそしく疑いを持たれるような行動でした。


また質問ですが私としては精神誠意誤り再構築をしたいのですが、無理なのでしょうか。


噂ではシェルタ-で離婚に向けた指導を毎日のように行うと聞きました、一種の洗脳みたいだと、そうなった場合今提出している、離婚の不受理手続きは、裁判においてくつがされるのでしょう。お教え下さい。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、感情的になり、一時的にそのようなことをしたと
言うことですね。
浮気と違い、DVは、裁判所も神経質になるので、明確に反省して謝罪をすると言うスタンスが
必要になります。
謝罪文を書いたり、誓約書を書いたり、慰謝料を支払うようなアクションをすることが
調停委員などに印象が良いでしょう。
調停段階で、離婚を強要することはありませんが
裁判となればわかりません。ご相談者様に有利になるよう
やはり浮気の証拠はつかみたいところです。
有責配偶者からの離婚請求はできませんし、DVも虚偽の報告となれば
離婚を強要されることは無いでしょう。
二度とDVをしないなどの誓約書等、この間にいろいろ準備されておいて下さい。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

何回もすいません。


離婚届の不受理手続きは済ませておりますが、裁判になった場合この不受理はどうなるのですか、又私は離婚はしたくありません、裁判では離婚を決定させられるのですか。何か良い対応策はありませんか。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
裁判で離婚が認められれば、不受理の届は意味が無くなります。
そうならないために、DVの件と相手の浮気の件は、はっきりさせる必要がございます。
証拠を作るようにしておいて下さい。
DVは反論ができるようにして、浮気の証拠は、探偵事務所にご依頼されることです。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問