JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

夫の父親が死去し、相続の際に 相続額が多額になることがわかっていたため、生前に、税理士の薦めで夫(長男)の嫁(自分)

解決済みの質問:

夫の父親が死去し、相続の際に 相続額が多額になることがわかっていたため、生前に、税理士の薦めで夫(長男)の嫁(自分)が養子縁組しました。夫には姉がおり、相続人は計3名となりました。相続も無事終わり、落ち着いたかと思いましたが、今度は、私に対する夫の暴言や誹謗、中傷に悩まされ、離婚を考えています。

養子縁組し、××家の養女に入ったということは、夫とは兄妹も同然。離婚をする際は、まず
養子縁組の解消をするべきなのでしょうか?また、相続目的の養子縁組だとすれば、税務署
から脱税容疑をかけられたりすることもあるのでしょうか?

私ども夫婦には子供(男・12才)がおりますが、私が親権者となり、子供を引き取った際は、
養育費や生活費は夫からもらう権利が生じるのか心配です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


養子縁組と離婚は別の問題ですので、分けて考える必要があります。

夫と離婚するとしても、夫の父親との養子縁組を解消(離縁)する必要はありません。
ただ、離縁しなければ名字はそのままです。養女のままですので、夫の父親の子供のままということになります。

夫の家族と縁を切りたいならば、やはり離縁をするべきだと考えられます。一方が亡くなった場合に離縁をするには「家庭裁判所」の許可を得なければなりません。
手続きの仕方は、下記の裁判所のホームページを参照して下さい。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_10/


>相続目的の養子縁組だとすれば、税務署から脱税容疑をかけられたりすることもあるのでしょうか?
→それはありません。相続目的に養子縁組することは認められていることです。問題ありません。


>私ども夫婦には子供(男・12才)がおりますが、私が親権者となり、子供を引き取った際は、養育費や生活費は夫からもらう権利が生じるのか心配です。
→離婚した場合は相手に養育費を請求することができます。お互いの協議により定めることができますが、決まらない場合は家庭裁判所に養育費請求の申し立てをすることになります。その場合はお互いの収入によって家庭裁判所に決めてもらうことになります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。追加の質問になってしまうのかもしれませんが、


申し訳ありません。教えて下さい。


 


夫に10数億の財産が相続されました(土地がほとんど)。離縁しないと、


夫が先に亡くなった場合の相続を、私と息子で負うことになると思われま


す。離婚して私だけが相続から外れた場合は、息子ひとりで相続を背負う


ことになってしまいます。どうしても回避したい場合は、やはり離婚、離縁


して完全に息子ともども縁を切った方がよいのでしょうか?


 


 


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問者様が夫と離婚したとして、離縁をしなくても、夫の相続した財産は息子さんだけに相続されます。質問者様に相続されることはありません。子供がいる場合は兄弟姉妹には相続されません。

つまり、「離婚して離縁はしない」場合と「離婚して離縁もする」場合とでは夫の財産を息子さんが独りで相続することには変わりありません。

息子さんが財産を相続したくない場合は、夫が亡くなった後に「相続放棄」の手続きを家庭裁判所にすれば相続することはありません。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
他に不明な点がありましたら補足しますので返信してください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問