JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

現在離婚調停中(4回)ですが、なかなか話が進展しません。 この場合、弁護士さんを代理人として直接交渉してもらう方が

解決済みの質問:

現在離婚調停中(4回)ですが、なかなか話が進展しません。
この場合、弁護士さんを代理人として直接交渉してもらう方が良いのでしょうか?
それとも、まずはこのまま調停を進めて行くべきでしょうか?

よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

調停で交渉が進展しないならば、弁護士が直接交渉してもうまくいくとは限りません。結局どちらか一方が相手の条件に妥協しなければならないからです。当事者の協議離婚が成立しないならば、なおさら裁判所の助けがなければ離婚は難しいでしょう。

離婚調停が不成立になれば、その後の手続きは離婚裁判になります。その時になってから弁護士に依頼しても遅くはありません。

とりあえずは調停を進めて、調停不成立→裁判と言う流れとなるでしょう。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問