JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が亡くなりました。私は、母の連れ子で母も3年前に亡くなっています。 父には、音信不通になっている実子がいます。

質問者の質問

父が亡くなりました。私は、母の連れ子で母も3年前に亡くなっています。
父には、音信不通になっている実子がいます。
1、家が、父と母2人の名義になっていること。
2、少しですが父の預貯金があること。
遺産相続、家の名義変更はどうしたらいいのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それはいろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お母様が再婚と言うことで、ご相談者様は、新しいお父様と養子縁組は
されていますでしょうか?
基本的に、養子縁組がされていたと言うことでご説明いたします。
されて無い場合は、問題が複雑になるので、またご質問下さい。
相続の場合、遺言がある場合と無い場合では、その後の手続きが異なります。
お父様の遺言で、ご相談者様だけに全部相続させると言う場合は
相手の実子の方には、遺留分がございますので、遺留分減殺請求がされる可能性があります。
その場合でも、不動産の相続登記は可能だと思います。
ただ、預貯金の場合は、銀行側が、必ず、相続人全員の承諾書などを要求するので
相手側に発覚することになります。
次に、これが一番多いパターンかもしれませんが
お父様の遺言が、無い場合は、遺産分割協議書の作成が必要になります。
それを、相手の実子の方と作成することになります。
分け方は、相続人で自由ですが、やはりもめる形になる時も多いと言えます。
遺産分割協議書が無いと先に進めません。
民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼された方がスムーズに作成が進むでしょう。
もし、双方が、合意できない場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申立てることになります。
遺産分割協議は、時効がないので、合意が出来ないと何年も何十年も争うことも
ありますのでご注意が必要です。
頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。



不動産の相続登記は可能とはどういうことなのでしょうか。


また、行政書士や弁護士などに依頼するときには


どのようなことに注意してお願いすればよいのか。


どのようにお願いしたらよいのか。


今まで依頼したことがないのでわかりません。


回答よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
現在の相続人の状況が、詳しくわからないので何とも言えない部分はありますが
遺言があれば先に相続による不動産の所有権移転登記は可能と言うことです。
後で、遺留分減殺請求が起これば、当然、争になる場合もあります。
不動産の分割では、現物だけでなく
換価分割(一旦、不動産を売却して、相続分等を現金で支払う)
代償分割(不動産の割合分の現金を支払い、現物はもらう)
の方法があります。
行政書士の先生の方が、裁判に成らなければ報酬額は、比較的お安いです。
また、相続関係は、そこで儲けようと考える専門家は多いので
今は、自由報酬制度ですから、見積もりを取るなり
知人などから紹介された方が良いでしょう。
相続登記は、司法書士の先生の仕事になり、あまり料金の差はありません。
頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問