JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mori-homeに今すぐ質問する
mori-home
mori-home, 行政書士・個人情報保護士・成年後見人・申請取次行政書士・著作権相談員
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 48
経験:  埼玉県立川越高等学校卒業駒澤大学法学部法律学科卒業行政書士登録東京大学 後見人養成講座 在籍
76122091
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
mori-homeがオンラインで質問受付中

すみません、不倫の件で相談なんですが、私は男で既婚者で加害者になっています。SNSで知り合った女性と一度だけ会い

解決済みの質問:

すみません、不倫の件で相談なんですが、私は男で既婚者で加害者になっています。 SNSで知り合った女性と一度だけ会い、ホテルにいき(最後まではしていません)昨日、その女性の旦那さんから、電話があり、私の職場と家まで来るといっています。相手には携帯の番号しか伝えていません。 できるなら、私の家内には知られたくないのですが、この場合住所などをおしえてもいいんでしょうか?慰謝料は発生するのでしょうか?私の家内には伝えなければいけないのでしょうか?


相手は今日、来るといっています、言ってはいけないことや、してはいけない事など教えてもらえたらと思います。


どちらかといえば、SNSでは相手の女性が積極的に誘ってきまして、私はそんな気はなかったのですが・・・

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

私は埼玉県で行政書士をしている者です。

 

専門は民事法務で、予防法務という紛争(裁判)を未然に防ぐ業務をしております。

 

さて、ご質問者様はお急ぎでしょうから、今なすべきことを的確に申し上げますので、一つ一つ問題を整理していきましょう。法律的な問題は一つ一つこなしていけば必ず解決できるようにできています。

 

まず、事実関係ですが、相手方とはSNSで知り合ったということですが、相手方の配偶者から電話があったということは、匿名性の低いSNSなのですね。

 

ご質問者様に不利な情報は一切出さないほうが良いです。

 

例え、ご質問者様のおっしゃるような行為が実際にあったとしてもです。

 

慰謝料が発生するか否かは、権利侵害があったか否かで判断され、貞操義務は民法で課されており、一方配偶者はこれに基づく権利を有することになります。

 

そして、民法709条は、故意又は過失により、他人の権利を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償するとしています。

 

よって、今回の場合は、過失があった可能性があり、この責任を追及される可能性はあります。刑事罰が科される可能性はないでしょう。

 

民事訴訟の原則をご説明すると、弁論主義という考え方を根底に訴訟が進められ、職権探知事項を除いては、裁判所は当事者の主張立証すること以外を基礎に判決することはできません。

 

そして、民法709条の不法行為責任は、その権利を主張するものが立証責任を負います。

 

つまり、相手方が損害賠償請求をするのであれば、相手方がその事を主張立証しなくてはなりません。

 

もう一度申し上げますが、ご質問者様有利に進めるためには、ご自身に不利な情報は一切出さないで下さい。

 

ご質問者様が少しでも有利に問題を処理できますように、心より願っております。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

  有難うございます、では会わない方がいいということでしょうか?


相手側は、興信所に頼んで、携帯番号から住所も調べると、言っていたので怖いのですが・・・とりあえず、自宅の住所や、電話番号などは伝えるつもりはないのですが、損害賠償請求してくるのであれば、自宅の情報が必要なんですよね?そうすると妻にも伝わりますよね?


すみません・・・不安なもので・・


 

専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

ご不安なお気持ちご察しいたします。

 

どうかご無理はなさらないでください。

 

ご質問の内容ですが、技術的な問題として、住所を調べることはできます。

 

ただ、その住所を調べるためには、それなりの費用がかかるのも事実です。

 

相手方の力の入れようによって、その費用を投じるかどうかが分かれてきますので、もし相手方がその費用を投じるほどの事だと判断するのであれば、調べることもできますが、諦めることもあります。

 

また、相手方が虚偽を作出している可能性もあります。

 

美人局のようなケースもありますので、安易に応じないほうが良いでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.


何度も有難うございます。私の家内に、すべて話せば当然、家内から相手の女性にも慰謝料を請求できるわけですよね?


そのさい、慰謝料の金額は主導性の高い方が慰謝料も高くなるのですか?


 


初めて会い、相手の車にのると、いきなりホテルへ  という感じだったので怖くて最後までできなかったというかんじなのですが・・


 


たしかに美人局といわれれば、そんな気もしますが、ホテルへ入ったことで不貞行為は成立するんですね?


 


家内には伝えた方がいいですかね・・


すみません、具体的にこうしろとかは言えないんですよね・・

専門家:  mori-home 返答済み 3 年 前.

いえいえ、ご質問様がご安心できるまで、何度でもお話を伺わせていただきます。

 

そうですね、ご質問者様の配偶者様も当然に、損害賠償請求権を有しておりますので、ご質問者様の配偶者様からの損害賠償請求もできます。

 

その際には、過失相殺の問題になります。

 

もちろん、相手方が積極的に行動に出てきたのであれば、相手方の過失の方が大きくなるので、主導的な役割を果たした人がより重い責任を負うことになります。

 

ホテルに言った時点で不貞行為が成立するか否かについては、事例によります。

 

民事訴訟においては、先にも申し上げました通り、弁論主義が原則ですので、自己に有利な事項を主張立証する必要があります。

 

相手方が立証できなければ裁判所は債務名義を認めません。

 

 

mori-homeをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問