JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

嫁がフィリピン出身で結婚後に帰化して現在は日本人です。フィリピンに住在している兄弟を観光ビザではなく日本で一緒に生活

解決済みの質問:

嫁がフィリピン出身で結婚後に帰化して現在は日本人です。フィリピンに住在している兄弟を観光ビザではなく日本で一緒に生活させることは可能なのでしょうか。  私は日本人の夫ですが例えばその兄弟を養子のように子供として認知させることは可能でしょうか。 養子は無理としても一緒に日本で生活が出来るビザなどは有るのでしょうか。 面倒な質問ですみませんが宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
国際養子縁組については、書類等をそろえるのが大変ではありますが、
きちんと書類を揃えることさえでき、ご質問者様よりも年少の方であれば、
一般的に可能です。
しかし、養子縁組をしたからといって、在留資格が認められるかというと、
残念ながらこれは認められません。
仮に、ご質問者様が現在フィリピン在住で、義理のご兄弟と養子縁組をし、
長年親子として暮らしてきていた、というような実績があった上で、
ご質問者様夫婦が日本に転居するにあたり、一緒に連れてきたいとような
事情であれば、ひょっとしたら認められるかもしれない、というようなレベル
の話になります。

観光や短期間の親族訪問ではなく、日本での中長期滞在を希望される
のであれば、日本企業へ就職をして就労ビザを得るか、就労ビザの要件を
満たさないようであれば、日本の大学等へ留学をし、卒業に合わせて
就職されるというのが、一番現実的な方法でしょう。
houmuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問