JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4910
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

6歳の娘の養育費の調停中です。 娘の父は、娘が生まれた翌年、結婚。 養子縁組をした長男と実子と合わせて3人の子供

質問者の質問

6歳の娘の養育費の調停中です。
娘の父は、娘が生まれた翌年、結婚。
養子縁組をした長男と実子と合わせて3人の子供がいます。
私は未婚での出産で、出産費用から現在に至るまで、
一銭も頂いておりません 。
0歳から20歳に至るまでの養育費を求めたところ、
支払い能力がないので、月額15000円を小学入学から高校卒業まで、
という案で妥協しろと、調停員・裁判官・私方の弁護士に
決断を迫られています。
とても納得できるないようではなく、困り果てています。
これ以上のことは望めないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、強制認知と言うことで、男性の方もすぐに結婚をされているなど

不誠実な部分がございますが、養育費に関してはお子様の権利で

婚外子だからと差別されるものではありません。

ただ、養育費の額は、相手の前年度の年収とご相談者様の前年度の年収と

お子様の年齢と人数で決まり、状況によって増減される場合もございます。

3人のお子様の内訳は、相手の奥様の連れ子と実子が2人と言うことでしょうか?

それとも、実子は1人で、ご相談者様のお子様を加えて3人と言うことでしょうか。

全体で、4人なら、養育費は厳密ではありませんが4分の1、3人なら3分の1となってしまいます。

一般的な、養育費の相場が4万円程度ですから、4分の1なら1万円

3分の1なら1万3千円程度ですから、ある意味、妥当かもしれません。

とは言え、相手の年収で大きく変化もあります。

それと、養育費の支払い期間は、18歳、20歳、22歳が多いようです。

だいたいは、親の学歴に合せることが多いのですが

今は、大学全入時代と言われていますので、22歳までは請求したいところです。

また、実務では未払いの部分の請求は認められないことも多いようです。

お話からは、裁判官等から説得されているとなると、これを拒否すると

審判で、ご相談者様に更に不利な条件も出る可能性はあります。

とりあえず、この案で認めて、特別の費用(お子様が病気の治療費や進学等の学費)を

認めてもらうように持って行くのも手です。

現在は、相手に支払い能力が無いかもしれませんが、将来的に収入が増えれば

養育費の増額の申立も可能です。

相手がお金がないなら、とりあえず、今すぐにもでももらえるものは確保して

おいた方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。
私の娘が1人。
彼側が実子が2人、養子縁組をした子が1人です。
弁護士にも調停員にも、なぜ早く事を起こさなかったのかと言われ
心身共に困憊しております。
彼の給与が月20万弱だという証明書を提示してきたので、
その金額で納得するしかないのですね。
無い袖は触れないとのことなので、娘が病気になろうと、大学に進学しようと、何も求められないでしょう。
調停を起こしただけ無駄でした。法テラスに借金も作ってしまったし。

後、私に請求できて、確実にお金が取れるものはないのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、養育費の計算上は、一般的な額の4分の1となってしまいます。

協議で決めるのであれば何でもありですが、調停となると残念ながら算定表が原則となってしまいます。

また慰謝料に関しては、不法行為を知ってから3年となりますので

時効で難しい部分はあります。

給与以外に、何らかの収入があれば良いのですが、

探偵事務所にご依頼するとまた費用がかかります。

ただし、特別の費用だけは、その時点で協議すると、調停調書の条文に入れてもらいましょう。

また、収入等が増えた場合は、養育費を増額すると条文に入れてもらっても良いでしょう。

そうするなら、その金額で応じるとされた方が良いです。

確かに、調停段階では、弁護士の先生にご依頼する必要はないのですが

調停は、何度でも起こせますので、機会をみてご相談者様だけで

されてみても良いと思います。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問