JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

先ほど質問させていただいたので前回と同じ行政書士さん よろしくお願いいたします。

解決済みの質問:

先ほど質問させていただいたので前回と同じ行政書士さん よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
再度ご質問を頂きましてありがとうございます。
前回の回答の内容について、どのようなことを詳細にお訊きになりたいのか。それとも関連して新たな問題が発生したのか、事情や質問事項を箇条書きでもよいですから、お書き願えませんでしょうか。よろしくお願いします
質問者: 返答済み 3 年 前.

間違って?新しい質問で送信して2回目ですがよろしくお願いいたします。元夫は子供が幼い頃から不倫していたので 調停離婚する8年前に誓約書を作り二人で署名捺印しました。その内容はもし不倫の証拠が見つかったときはこどもと私に対して慰謝料を払うというものです。元夫が携帯を新しくした際こどもにあげた古い携帯から不倫相手とのメールのやりとりが1年分 位でてきたのでコピーしましたが証拠になりますよね?調停で決まった本件解決金+義父母から頂いた金額=約誓約書の金額ですのでそのつもりで義父母がくれたようです。義父母からの手書きの借用書に署名捺印してしまいました。誓約書と借用書が有効であればプラスマイナス0として親に払ってもらうのではなく元夫に減額された分だけでも請求したいと思うのですが大丈夫でしょうか?元夫は不倫相手と一緒に裕福な暮らしをしているので          

質問者: 返答済み 3 年 前.

間違って?新しい質問で送信して2回目ですがよろしくお願いいたします。元夫は子供が幼い頃から不倫していたので 調停離婚する8年前に誓約書を作り二人で署名捺印しました。その内容はもし不倫の証拠が見つかったときはこどもと私に対して慰謝料 を払うというものです。元夫が携帯を新 しくした際こどもにあげた古い携帯から不倫相手とのメールのやりとりが1年分位でてきたのでコピーしましたが証拠になりますよね?調停で決まった本件解決金+義父母から頂いた金額=約誓約書の金額ですのでそのつもりで義父母がくれたようです。義父母からの手書きの借用書に署名捺印してしまいました。誓約書と借用書が有効であればプラスマイナス0として親に払ってもらうのではなく元夫に減額された分だけでも請求したいと思うのですが大丈夫でしょうか?元夫は不倫相手と一緒に裕福な暮らしをしているのでそれぐらいはしてもらいたいと思います。          

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信い ただき、ありがとうございます。
「誓約書」の内容は調停で議題に挙げたと思います。恐らく解決金はそれを加味した金額であるといえます。もう既に調停が成立していらっしゃるのですから、その金額をかかえ変えることはできません。
これも想定になりますが、誓約書のの不足分を義父母が補なったと考えられます。借用証書を「領収書」と思って署名捺印した、と主張してよいでしょう。
「過失」はあります。表題部分ですから、「重大な過失」とも言えます。しかし相手が「これは貸し金である」と説明せずに書類を出して説明した、贈与であるかのように見せかけて署名捺印させたと反論することができます。
また、10年という時間はかかりますが、消滅時効を援用することも方法の一つです。
いずれにせよ裁判という過程を経なければ強制執行はありませんから、そんなに心配になる必要はないと思います。
何も言ってこなければ10年間放置しましょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

分割で頂くはずの本件解決金は現在減額どころが0になってしまいましたが  裁判所に履行勧告の申し立てをして強制取立をしてもらうことはできないのでしょうか?    

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信頂きまして、ありがとうございます。
調停調書に定められた解決金をしはらわないようであれば、内容証明で郵便で催告したうえで、差し押さえの手続きを進めましょう。
調停調書は、裁判の判決と同様の役割を持っています。
今度は管轄の地方裁判所(支部)へ行って手続きをします。相手の勤務する会社が分かれば、給与を差し押さえましょう。確実に回収できる上、相手に対する効果も大きいです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

度々続いての質問よろしくお願いいたします。調停で決まった本件解決金を5年前から減額してきたのですが 義父母から借用証を書かされた日から10年過ぎてから差押えの手続きを取ったほうがよろしいでしょうか?元夫は自営業ですが差押え可能ですか?

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信頂きまして、ありがとうございます。
「借用」したお金を返済するおつもりであれば、差し押さえ手続きをされればよいでしょうし、お返しするつもりがない「解決金」の一部とお考えなら、動く必要はないでしょう。
返済を求められたときに差し押さえして回収すればよいのではないでしょうか。双方とも時効は10年です。
個人事業主の場合給与はありませんから、自動車や機械類の資産、土地、建物、売掛金、預金などをつきとめて差し押さえることになります。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問